さて、いかがなものかと?

ジャンルを問わず、好きなことを好きに書きます。

出会い系サイトで少額詐欺を働く女たち ターゲットは中高年の初心者ばかり

出会い系サイトのアフィリ報酬が高いので、ものは試しと登録してみた(飽くまでも社会勉強の一環としてである。前川 喜平かっ!)。

本当に出会えるのかすら分からずに、アフィリエイトするのも気がひける。そこで、しばらく使ってみることに。

登録したのは、ワクワクメール、メルパラ、PCmax、そしてYCC。どれも似たような内容だが、ポイントの消費具合が微妙に違う。

 

反応がいいのはワクワクとメルパラ。PCmaxも悪くはないが、使いやすさで言えばワクワクが一番だろう。

とりあえず、手っ取り早くアダルト系の出会いを見てみることに。まず、全体的に言えることは、「初めてなんです。欲求不満なんです。さみしいんです。メール下さい」といった書き込みが目立つこと。

中には、「今日これから会えませんか?」とか、「明日時間があるんですけど」といった内容もある。

 

正直なところ、「どれだけ出会いに飢えてんねん?」が私の感想。出会い系など端から疑っていたので、これだけ出会いを求める女子が多いことに少々驚いた。

だが、一人の登録者とメールを交わすことで、やはり疑いは確信へと変わった。

そのプロフィールを読んだところ、「女の子4人と5Pしましょう」なんて、かなり挑発的な誘い文句(4人はそれぞれ、AV女優、美容師、OL、そして学生で、4人は一緒に暮らしているらしい)。

 

「これは乗るしかない!」と思った私は、さっそくこの子にメールを送信。すると、5分と経たないうちに返信されてきた。

そしてメールの内容は、「ポイントも気になるので、サイトの外で話しませんか? フリメでいいので、教えて下さい」とのこと。

「やった~、最近の出会い系は本当に会える~」なんてことは思わなかったが、内心ホクホクしながらこちらも返信(飽くまでも社会勉強の一環として……)。

 

数分後には、約束通り、指定したメールアドレスに通知が来ていた。

 

「最近の若い子はしっかりしてるな~」などと、勝手に思いを巡らしながら、メールを開いて大爆笑。

「顔出しがNGな子もいるので、まずは私一人が会ってみて、それからみんなに紹介します」と書かれていた。ここまでなら、「やはり見知らぬ男に対しては警戒しているんだね~」で済むのだが、メールにはまだ続きがあったのだ。

そこには、「会う前に2万円くれ! 今後のホテル代とか交際費にするから」と、文言こそは違うが同様の内容が記されていた。

 

最初は、「援助交際の申し込み?」と思ったが、それにしては手が込んでいる。どう見ても、劇場型詐欺の簡易版と言ったところだ。

これは、援交の類ではなく、明らかに少額詐欺だ。中高年をターゲットとした新手の振り込め詐欺に違いない。

2万円という額に、出会い系サイトを利用することで、騙されたおっさんは恥ずかしくて通報もできず、それほどの高額でもないので容易に諦めがつく。実に巧妙な策を練ったスキャム(scam:詐欺)である。それに、たとえ会ったとしても、4Pができるとは決まっておらず、女の代わりに怖ろし気な兄ちゃんが出てくることもありうる(東京は怖いところだおっかさん)。

 

そして、これは個人が行っている犯罪ではなく、おそらく反社会勢力が背景に存在すると考えられる。もちろん、そうではないことを願っていたが、同じ内容の投稿を違うサイトでも発見したことで憶測は確証に変わった。

3Pや4Pを謳っている者、個人でもすぐにメールを返してくる20代、足あとを付けただけでメールを送って来る者と、その数も両手では済まなかった。

一応、相手の名は出さなかったが、それぞれの運営にはメールで詳細を説明し、判断を委ねる形で自身は退会。所詮、出会い系サイトは、援助交際と、詐欺と、売春の巣窟と化していることを、改めて確認した次第だった。

 

もちろん、出会い系を通してマッチングするカップルもいるだろう。だが、アダルト系の掲示板に関しては、上記のような場合が大半を占める。

20数人がほぼ同じ文面で連絡するなど、普通では起こり得ないことだからだ。

実際には、もう少し先へ進んでみても面白かったが、2万円を4回騙し取られるくらいなら、その金で高級ソープへ行った方が余程ましというものだ(ピカソがおすすめ)。

 

出会い系でもう一つ懸念されるのが、STDへの感染だ。万が一出会ってセックスでもすれば、取り返しのつかない事態に陥らないとも限らない。今は、梅毒の感染が深刻な状況を迎えており、その感染経路の一つに、「出会い系サイトやアプリ」が挙げられているからだ。

少額詐欺に遭う程度ならまだ笑っていられるが、知らないうちにSTDに感染し、「気付けば人生がつんでいた」では洒落にもならない。

「出会い系」を利用する中年諸君は、くれぐれも気を付けていただきたい。

 

そんなこんなで、実に面白い経験をさせてもらえた。出会い系のアフィリエイトは残念ながら計画倒れに終わったが(犯罪の片棒は担げまい)、久しぶりにネタらしいネタに遭えたので満足している。

とは言いつつも、セックスフレンド募集中(懲りない奴め)!