さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

「怪盗グルー」の新作は月泥棒より面白い!あらすじと情報を公開

ミニオンが初めて日本に紹介されたのが、2010年のことでした。

あの時は、惜しくも目当ての物を盗むことはできませんでしたが、月泥棒の名に恥じない仕事をやってのけました。

グルーには、ミニオンや博士以外にも新しい家族が加わり、世界一の大泥棒は3人の子持ちになりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

第1作目からは既に3作品がリリースされていますが、2017年は続編が公開される予定です。

回を重ねるごとに面白さの増す「怪盗グルー」シリーズが、今回もあなたを笑顔にしてくれます。

新作「怪盗グルー3」の、あらすじと情報をお伝えします。

 

 

怪盗グルーの面白さ

 

f:id:wwptalk:20170316172716j:plain

 

 

「怪盗グルー」シリーズは、子供を対象とするアニメーションですが、泥棒をヒーローに仕立てたユニークな作品です。

怪盗とは言え、彼が狙うのは、普通の泥棒では手も足も出ないような超大物ばかり。

盗みのテクニックも想像を絶するスケールで、宇宙に浮かぶ月まで盗んでしまいます。

 

彼が怪盗として名を馳せたのも、3人の孤児である、マーゴ、エディス、そしてアグネスに会うまでのことでした。

グルーにとっての最大のライバルは、無名の新人泥棒であるベクター。

どこからどう見てもオタク坊やにしか見えないベクターですが、過去には、グルーが狙っていたエジプトのピラミッドを横取りしたことも。

 

彼にピラミッドを盗まれて以来、それまでは世界でトップの怪盗だったのが、今や並の泥棒になり下がってしまったグルー。

しかも、月を盗むためには膨大な予算が必要で、そのためにはある秘密兵器(シュリンク光線銃:全てのものを縮めてしまうピストル)を盗まなければなりませんでした。

ところが、そんな大事な光線銃を、まんまとベクターに盗まれてしまいます。

 

世界一の座に返り咲くためにも、何とか光線銃を決行日までに取り戻そうと必死なグルー。

彼は、誰も侵入できないベクターの要塞へ、銃を盗みにやって来ます。

しかし、何度挑戦しても侵入は不可能で、そうこうしているうちにやって来たのがこの3姉妹でした。

 

そこで、グルーは、付け入るスキのないベクターの要塞へ侵入しようと、彼女たちを利用するのでした。

 

一作目のあらすじは、ざっとこんなところです。

もちろん、ストーリーはまだまだ続き、面白さはここからさらにヒートアップします。

ですが、いつもの通り、お話しできるのはここまでで、あとは映画を見てのお楽しみです。

 

子供にとってはアンチな存在であるはずの泥棒が、とても伸び伸びと、雄大なスケールで描かれているのが愉快です。

最初は心を閉ざしていたグルーが、子供と触れ合ううちに、少しずつ心変わりして行く姿も面白く感じます。

ちょっと意地悪で、偏った見方しかできない大泥棒が、いつの間にか3姉妹の父親代わりになって行きます。

 

奇想天外なアクションの傍らに、アットホームなムードをちりばめた、次の展開が待ち遠しくなるタイプの映画です。

眉間にしわを寄せた不機嫌そうなおじさんでも、この映画を見た後は、きっとにこやかな表情になっているでしょう。

そんな、ほのぼのとした温かさを運んでくれます。

 

人の心の奥底にある、優しさや思いやりにスポットを当てた、子供にはぜひ見せてあげたい作品です。

 

 

新作のあらすじ

 

f:id:wwptalk:20170316172846j:plain

 

 

あらすじを公開するには、グルーの秘密もお話ししなければなりません。

グルーが月を盗もうと誓ったのは、子供の頃に宇宙飛行士になるという夢を、実の母親にバカにされたからでした。

しかし、3姉妹を養子に向かえたグルーには、もはや過去のトラウマなどはどうでもいいことと思われたのですが……。

 

「怪盗グルー」の新作では、「月泥棒」や「ミニオン危機一髪」でも明かされなかった、お母さん以外の身内が登場します。

しかも、その人物はグルーと顔がそっくりで、長年その存在すら知らなかった兄弟(ドゥルー)とされています。

顔や姿は、鏡に映したように瓜二つですが、ドゥルーは金髪のロンゲであり、着ている服も白ばかりで、おまけに大富豪です。

 

ここへ来て兄弟が出てくるのには、少々違和感もありますが、ストーリーには新鮮味が出ていいのかもしれません。

それに、どうやら今作がシリーズの最終作になるかも知れず、続編を作るかどうかの分岐点となりそうです。

いずれにせよ、これまでとはまた違ったストーリーが繰り広げられ、ファンの期待を裏切らない内容であることは確かです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

今回登場するドゥルーは、グルーとチームを組んで盗みを働きますが、足手まといになってばかりいます。

彼らのターゲットとなったのは、バルサザール・ブレットが持つ巨大なダイヤモンド。

バルサザールは、かつての有名子役で少し心に闇を抱えています。

 

この心の歪んだ元子役は、今やグルーと並ぶ大怪盗であり、そのダイヤモンドも彼が手にかけた盗品でした。

怪盗同士が知恵比べをする中で、はたしてドゥルーの出番はあるのでしょうか?

あらすじは秘密とされており、どこをどう探しても出てきませんが、今回のキーパーソンは、どうやらドゥルーで間違いありません。

 

二大怪盗+1に、3姉妹の役割と、そしてミニオンズがどんなおバカをしでかすのかもまた見ものです。

 

 

「怪盗グルー 3」の情報

 

f:id:wwptalk:20170316173245j:plain

 

 

月並みな内容になりますが、監督は引き続きピエール・コフィン(Pierre Coffin ちなみにCoffinとは棺桶です)氏が行います。

他には、カイル・バルダ(Kyle Balda)氏とエリック・グリオン(Eric Guillon)氏も監督として参加しています。

声優は、メインキャラクター(グルー、ドクター・ネファリオ、マーゴ、それにエディス)は同じ顔ぶれです。

 

主要人物の詳細に関しては、Ciatrかeiga.comでも見て下さい(投げやり~)。

グルーの声を担当するスティーヴ・カレル(Steve Carell)さんは、「40歳の童貞男(The 40-Year-Old Virgin)」や「ラブ・アゲイン(Crazy,Stupid,Love.)」などのコメディ作品で有名ですが、「マネー・ショート 華麗なる大逆転(The Big Short)」などでのシリアスな演技でも好評を博する俳優さんです。

ドクター・ネファリオの声を演じるラッセル・ブランド(Russell Brand)さんも、個性全開の印象に残る俳優さんです。

 

「怪盗グルー」シリーズの制作スタジオ、イルミネーション・エンターテインメントは、「怪盗グルーの月泥棒 3D」の大成功で名前が知られるようになりました。

とは言え、これ以外のアニメではなかなかヒットが出ず、ミニオンが出るアニメでかろうじて息を継いでいた感がありました。

ところが、2016年には「ペット(The Secret Life of Pets)」や「シング/SING」のヒットにより、また新たな展開を見せています。

 

シリーズの累計では、15億ドルを上回る興行成績を上げており、3作品目となる今作にも期待が寄せられています。

「ペット」では、この作品だけで8億7千万ドルもの売り上げを叩き出し、「シング」でも快進撃を続けています。

「ペット2」は2019年に、そして「シング2」に関しては、2020年の封切が予定されています。

 

日本の企業が絡んでいるところが、どうにもきな臭さを感じさせますが、今からでも期待が持てる作品に仕上がりそうです。

「怪盗グルー 3」とは言っていますが、現代は「Despicable me 3」(直訳すれば、見下げはてた私3)です。

日本語のタイトルが気になりますが、「怪盗グルー」はそのままで、ロングテールをぶら下げた邦題になるでしょう。

 

 

終わりに

 

新作が出る度に、売り上げも右肩上がりの「怪盗グルー」シリーズ。

次回作は、はたしてファンの予想を裏切るほどの、超絶な面白さになっているのでしょうか?

「怪盗グルー 3(Despicable me 3)」は、6月30日にアメリカで公開の予定です。

 

さて、日本での公開は、夏休みでしょうか、それとも冬休みになるのでしょうか?

どちらにせよ、早く来日して欲しいものですね。

乞う、ご期待!

 

 

英語版のトレーラーです。

 

 

なかなか面白いそうですが、こちらは「期待半分」と言ったところでしょうか。

wwptalk.hatenablog.com