さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

映画「ウォークラフト」はゲームよりも27倍面白い!あらすじを公開

 

2016年は、ゲームファン必見の映画がリリースされます。

その作品は、「ウォークラフト」。

名前だけでは戦争モノのようですが、嬉しい具合に期待を裏切り、壮大なスケールで贈るアクションファンタジー映画です。

 

 

f:id:wwptalk:20160119142455j:plain

<引用元:http://warcraft-movie.jp/ kurafuto

 

映画製作

 

制作会社:ユニバーサル・ピクチャーズ&レジェンダリー・ピクチャーズ

監督:ダンカン・ジョーンズ監督

出演者:

トラビス・フィメル

ポーラ・パットン

ベン・フォスター

ダニエル・ウー 他

 

 

f:id:wwptalk:20160119181330j:plain

<引用元:http://www.comingsoon.net/movies/features/629625-for-the-horde-from-the-warcraft-movie-set

 

あらすじ

 

これは言うまでもありませんが、シミュレーションゲームの「ウォークラフト」を映画化した作品です。

かなりの人気があり、全世界で1億人以上がプレイしていることでも知られています。

ギネスブックにもその名を連ね、海外では多くのコアなファンを持ちます。

日本での支持がどれくらいあるのかは分かりませんが、このゲームの名前を知っている人は少なくないと思われます。

 

内容は、人間とオークが共に生存をかけて戦うバトルアクション映画ですが、ロード・オブ・ザ・リングのように、一つの巨大な悪に挑むのではありません。

人間の世界に侵攻してきたオークに対して、両種族がお互いの存亡をかけて戦います。

ストーリーはもう少し複雑ですが、基本的には人間対オークの図式になっています。

 

平和な王国アゼロスは、恐るべき種族の侵略者に直面し、戦争の瀬戸際にあった。その侵略者とは、滅びゆく故郷を捨て、新たなる定住地を求めるオークの戦士たち。人間たちは、自分たちの国を守るため立ち上がり、オークとの全面戦争を決意する。

一方で、人間との戦いに疑問を持っている1人のオークは、争いを避けるためある決断を下す。果たして、この壮絶な戦いの先に待つ、結末とは――。

 

異世界を舞台にした映画では定石ですが、この「ウォークラフト」も多分に漏れず、人外の生き物が出てきます。

オークはもとより、エルフやドワーフといった定番種族も登場します。

さらにお決まりは、剣と魔法が力を振るい、それを扱う勇者が出てきます。

「ナルニア国物語」や「ロード・オブ・ザ・リング」の世界のように、映画の中には王国が存在し、支配者によって統治されています。

 

 

f:id:wwptalk:20160119175436j:plain

 

 

見どころ

 

巨大なオークとの戦闘シーンは見ものです。

ナルニア国物語でも、人間と他の種族とが戦う場面はありますが、今作はさらに格闘シーンに力を入れて作られています。

オークの巨体がスピード感溢れる動きで敵を襲い、圧倒的な強さを見せます。

力では人間など到底及ばないはずですが、それをどう切り崩すのかが見せ場になっています。

まさに、予想の付かない展開が繰り広げられるのです。

 

最近の巨額な予算が投じられた映画では、映像の美しさはさして問題にはなりません。

「アバター」以降、3D映画ではどれも同じと言えるほど、その映像は最高のクオリティーを呈しています。

 

ストーリーにおいては、ファンタジー特有の「何でもあり」感は否めません。

ただ、どんな不思議が起こっても視聴者には納得の行く、あるお膳立てがされています。

また違った意味で、優れたシナリオだと言えるでしょう。

 

しかしながら、これまで作られてきたスピンオフ系映画(ゲームからの)でもそうであったように、「これって、以前にも同じ映像を見たような?」などと思わせるシーンは多々あります。

ファンタジーやSFには付き物の、同一ルーツから派生することで起こる弊害かもしれません。

トールキン(指輪物語の作者)が想像した世界を引き継いでいる限り、このデジャブにも似た感覚は拭えないのでしょう。

そこで、ハッピーエンドになるのは分かっていても、どのように着地させるのかが見ものとなります。

 

 

f:id:wwptalk:20160119181149j:plain

<引用元:http://warcraft-movie.jp/ kurafuto

 

 

ちょっと面白いエピソード

 

「ウォークラフト」の監督はダンカン・ジョーンズさんですが、実はこの方、先日亡くなられたデヴィッド・ボウイさんの息子なんですね。

前妻であるメアリー・アンジェラ・バーネットさんとの間にできた子供で、本名はダンカン・ゾウイ・ボウイといいます。

子供の頃はゾウイと呼ばれ、ボウイさんは彼の誕生を祝って曲(KOOKS)まで作っています。

 

撮った作品はそれほど多くなく、有名なのは2009年に製作された「月に囚われた男(Moon)」です。

監督と脚本を手がけ、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞で新人監督賞を受賞しています。

「Moon」にかけた予算はたったの500万ドル(約6億円)で、主演のサム・ロックウェル(Sam Rockwell)による一人芝居でした(正確には8人ほどの出演者がいますが、主人公のサムが全編を通してほぼ1人で演じています)

NASAからも好評で、月世界生活を考察するときの参考資料にされているほどです。

 

余談ですが、私はこのサム・ロックウェルさんが大好きで、注目している俳優さんの一人です。

 

メジャーでのデビュー作としては、この「ウォークラフト」が挙げられるのかもしれません。

さらに、本作ではCGや特殊メイクだけではなく、人形やロボット(?)も要所々々で用いられています。

全容は明らかではないにせよ、メイキング映像の中にそのようなシーンがありました。

人間では出来ない動きを、代用品を使って撮ったのかもしれませんね。

 

登場するオークの中には、あのハルクによく似た奴がいるようないないような。

体が緑色のオークは、筋肉の付き方もハルクにそっくりなので、似たような個体が混じっているかも、です。

ひょっとしたら、ハルクが毛皮を着て出ているかもしれません。

先ずありえませんがね。

 

ゲームをただ映画に置き換えただけではなく、そこはしっかりとウォーゲーム独自の世界感を演出しています。

少なくとも、ゲームのシネマティックシーンを見た後の、あのどことなく物足り無さの残る感覚はないはずです。

 

 

f:id:wwptalk:20160119180715j:plain

<引用元:http://www.comingsoon.net/movies/features/629625-for-the-horde-from-the-warcraft-movie-set#/slide/8

 

 

終わりに

 

娯楽映画としては面白いと思います。

心に残るような感動作とはいえず、また二度三度と見たくなるような映画かといえば……(ロード・オブ・ザ・リングとはちょっと違う)

人によっては、「映像はキレイだったけどそれ以上には内容がなかった」などといった気持ちになるかもしれません(私の場合は、アバターを見た後の感覚がそうでした)

ただし、テンポが早くカットも多いので、上演時間が短く感じられるかもしれません。

 

アメリカでは6月10日に封切りされますが、日本では7月1日(金)より全国ロードショーです。

配給先は、東宝東和系です。

 

数ある新作映画の中で、どれだけ視聴率を伸ばせるかが問われます(7月は特に激戦が予想されます)

万が一にも、これが不発に終われば、続編は期待できません。

しかし、既に多くのファンもいるのですから、不人気映画とはならないでしょうね。

それよりも、大化けする可能性が無きにしもあらずです。

日本でのヒットを期待しましょう。

 

ハリウッド新作アクションファンタジー映画「ウォークラフト」を、どうぞお楽しみに。

 

 


『ウォークラフト』予告

 

 

こちらのトレーラーの方が戦闘シーンに迫力があります。英語です。

youtu.be

 

映画はそれほどヒットしませんでしたが、ゲームは未だに大人気です。

興行収益は、全世界を合わせても4億8000万ドルと少な目でしたが、ファンにとってはまずまずの映画だったのではないでしょうか。

劇場でより、DVDやオンデマンドでの、セカンドインパクトに期待が持たれる作品です。

 

 

不人気繋がり? でも、見ればきっと満足します。

wwptalk.hatenablog.com