さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

端午の節句の意味とそのお祝いの方法 初めて迎える若いご夫婦へ 

 

5月5日は端午の節句です。日本ではこどもの日として知られています。子供(特にこの日は男の子)が無病息災に育つようにと、先人達の祈りが今に伝えられている日です。

最近では、こうしたお祝い事にも目を向けない人が増えているようです。そこで今回は、この端午の節句が持つ意味とお祝いの方法を、色々な故事を交えてお伝えします。

 

 

f:id:wwptalk:20160328201742j:plain

 

 

目次

 

 

そもそも節句とは?

 

節句とは、季節の変わり目を「節」と考えた昔の人が、子供が健やかに育つように、また人々が健康であるように、そして農作物がよく育つようにと願い、神様にお供え物をしたり、邪気を祓ったりした日です(節供【せっく】とも書き、これは神様に対してお供えした食べ物を指しています)

 

節句は、一年を通して5回あります。

 

年に5回ある節句の日

先ず、1月7日を人日(じんじつ)といい、その年で一番最初の節句です。

次は、3月3日の桃の節句です。ひな祭りとして女の子の無病息災を祈ります。

3番目がこの端午の節句で、「端」とは物のはしっこを意味しています。端午が月の始めの午(うま)の日だったので、後々「午」は「五」とも読めることから、5月の5日を「端午の節句」と呼ぶようになりました(これには諸説があります)

5月を過ぎれば、7月の7日が次の節句となります。この日は、七夕として多くの国でお祝いされます。

最後の節句は9月の9日で、これは重陽の節句として知られています。陰陽思想(この世界は陰と陽の二つの気から成り立つとする考え方)では奇数を陽の数としており、その中でも最も位が高い9の数字が重なることから、このように呼ばれています。

 

これらの日には神様にお供え物がされ、上で書いたような行事が行われました。平安時代に中国から伝わったとされており、それ以来武家の社会や町民の間で伝えられてきました。

 

 

f:id:wwptalk:20160330091049j:plain

 

 

端午の節句に飾る物は?

 

節句には、必ず何か特別な物をお供えしたり飾ったりします。

端午の節句にも、他の節句では見られない物を飾ってお祝いします。それでは、どんな物があるのかを見てみましょう。

 

端午の節句に飾る物

1. 兜 

兜は、戦場で武士の身を守る鎧の一部として使われてきました。位の高い武士の鎧には、装飾品を施したきらびやかなものがあります。

その身を守る鎧にちなんで、子供を災厄から守るようにと、家の中で兜を飾る風習が出来ました。

一般的に、兜は内飾りと呼ばれています。

 

2. 鯉のぼり

こちらは、兜に対して外飾りと呼ばれています。

鯉のぼりはただの吹き流しではなく、その家に跡継ぎができたとか、子供ができたことを外部の人に知らせるために立てられた印です。

もっとも、この風習が始まったのは江戸時代からで、中国の故事に習って作られました。

中国の古い書物(後漢書)の中に、鯉が滝を登って竜となる物語があります。鯉は、出世や成長のシンボルとして扱われてきました。それが武家の社会に伝わって、鯉が出世の門(登竜門)をくぐるように、我が子も出世が上手く行くようにと、鯉ののぼりを軒先に立てることにしたのです。

縁起物というよりも、親が子に託す熱い思いと祈りが込められているようです。

 

 

f:id:wwptalk:20160330100552j:plain

 

 

端午の節句には欠かせない物

 

兜や鯉のぼりの他にも、端午の節句には欠かせない物があります。

将来、家の跡継ぎになるかもしれない男の子の無病息災を願うには、これほどお誂え向きの物はないかもしれません。

それは、何と言っても菖蒲湯です。

 

菖蒲湯(しょうぶゆ)

水辺に生息し、紫の花を咲かせる、あの菖蒲です。もっとも、使用するのは花ではなくて葉っぱの部分です。

菖蒲の葉は、日本刀の刃のような形をしていることから、武家の家では特に珍重されました。この葉には強い香りがあり、それが邪気を祓うとされていたのです。

それが理由で、端午の節句には菖蒲の葉を風呂釜に投じて湯を沸かし、入浴したのが始まりです。または、節句の前日に菖蒲の葉を使った枕で寝て、5月5日にはその葉を湯に浮かべて菖蒲湯にしました。

科学的に見ても、菖蒲の葉には様々な薬効が認められています。葉から抽出される物質からは、香水や香料やはもとより、殺菌剤や麻酔薬などにも利用されています。漢方の分野では、腰痛や神経痛を和らげる薬剤として用いられることもあります。

男子は女子に対して生存率が低いので、このように縁起をかついだ民間療法がよく利用されました。中でもこの菖蒲湯は、日本のほどんどの地域で見られる風習です。

 

 

f:id:wwptalk:20160330100747j:plain

 

 

端午の節句には欠かせない食品

 

端午の節句を祝うときに、絶対に外せない食品があります。普段からも食べる食品ですが、5月5日に食べることに意味があります。日本全国を見ればかなりの数の食品に上りますが、そのうちの2品をご紹介します。

 

1. ちまき

もち米を粉にして作る、お餅の一種です。お菓子としても食べますが、おこわとして食べることもあります。形は、円錐形や円筒などと様々ですが、共通しているのは植物の葉を使って巻いているところです。

江戸時代のちまきは、植物の葉で包んだもち米を灰汁(あく。炭を水に浸けて作るアルカリ性の液体)で煮込んで作っていました。灰汁はアルカリ性の液体なので、これの殺菌力や防腐性を利用して作られた保存食でした。

(ちがや)の葉を使うことから茅巻き(ちがやまき)、またはちまきと呼ばれるようになりました。最近では、笹の葉に殺菌力があるので、笹の葉を利用することもあります。

東南アジアの人は、このちまきが好きですね。色々な国に、色々なちまきがあります。日本で初めて作られたのは、1000年以上も前のことでした。

ちまきも邪気を祓う食べ物として知られていますが、これにはある中国の昔話が関係しています。かい摘んでお話すると、2000年以上も前の中国である有名な詩人が国を憂いて亡くなりました。彼には多くのファンがいて、彼らはこの詩人があの世へ行っても苦しまないようにと、多くのお供え物をして弔ったそうです。ところが、いくらお供えをしても悪い怪物に食べられてしまい詩人のもとには届きませんでした。そこで、お餅を木の葉で包み、その上に五色の糸(青・赤・黄・黒・白)を巻いてお供えしたところ、怪物には食べられずに無事詩人のもとに届いたそうです。だから、ちまきはもち米で作られており、それを木の葉で包んで、その上に紐が巻かれているのです。

 

2. 柏餅

一般的には、ちまきは関西で、柏餅は関東で親しまれています。どちらも邪気を祓うとか、子々孫々に命を繋ぐとか、縁起物として伝えられてきました。

どうして関西と関東ではこうも違うのかといえば、それは柏の木が関西には少なかったのが原因だとされています。温暖な土地には比較的広く生息しているのですが、関西ではそれほど見かけなかったのでしょうね。柏の木を英語に訳すと、Emperor Oak(天皇のカシ)とかDaimyo Oak(大名のカシ)と言われています。かなり高貴な扱いです。

なぜ、お餅を包むのに柏の葉が用いられたかというと、それは柏の木の特性が関係しています。柏の木は、新芽が出るまで古い葉が落ちません。それが、あたかも子供が生まれるまでは親が亡くならないことのように例えられて、子孫繁栄の象徴とされたのです。

さらに、英語の名前でも分かるように、柏は大変高貴で神聖な木とされています。悪を祓うと同時に繁栄も意味し、とても縁起の良い植物なので、ここに餅を包んでお供え物としたのです。

 

 

f:id:wwptalk:20160330100848j:plain

 

 

五月人形

 

兜や鎧一式を飾るのが風習になっていますが、中には人形を飾る家もあります。五月人形といえば、金太郎が思い出されます。足柄山の金太郎(後の坂田金時)は、大江山の鬼(酒呑童子)を退治した英雄です。その人物の勇猛さにあやかって、金太郎の人形を飾るようになりました。しかし、最近ではそれほど知られていないのか、端午の節句に金太郎の人形を飾る家は珍しくなってきました。兜を着込んだ坂田金時の人形は、根強い人気があるようです。

 

人形の贈り方

端午の節句には、生まれた子へ人形を贈る風習があります。新生児が生まれると、その家の繁栄を願って新しく人形を新調するのです。ただ、ここで注意して欲しいことが一つあります。それは、誰が人形を贈るかということです。

一般的には、生まれた子供のお母さん(お嫁さん)の実家から贈ります。しかし、最近では、奥さんと旦那さんの両方の実家で人形代を折半して購入することがあるようです。出来れば、昔の習わしに従っておきたいところですが、そうも言っていられないのが現状のようです。

父親に贈られた人形を再利用する家庭もあるようです。各家庭の事情にもよるのでしょうが、端午の節句は子供のためのお祝い事です。無病息災を願い、子孫繁栄を願う日です。もし、それが子供の初節句なら、形だけでも新しい人形を揃えたいところです。

親戚や友人が贈る場合は、兜ではなく鯉のぼりや金太郎の人形にしましょう。

 

お祝い返し

多くの人がこうしたお祝い事から遠ざかるのには、「お祝い返しが大変だから」という理由があります。では、端午の節句を祝ってくれた人に対して、何をお返しすればいいのかを見てみましょう。

お祝い返しは、「心ばかり」で構いません。お返しする物は、ちまきや紅白の角砂糖が一般的です。個人的には、お餅を包んだちまきがおススメです。

子供の名前をのしに書き、内祝いとしてお返しして下さい。この内祝いですが、お祝い返しだけが内祝いとは限りません。おめでたいことを一緒に祝ってもらうのが本来の内祝いであり、親戚一同が集まった時に振る舞う食事やお酒も、立派な内祝いの一つです。近年は、お祝いしてもらったことに対しての「お礼」とするのが普通のようです。

 

お祝い返しの時期

これは、一週間以内に行うのが通例です。節句が終わって直ぐでも構いません。一週間以上は経たないように心がけるのがいいでしょう。

 

 

f:id:wwptalk:20160330100937j:plain

 

 

終わりに

 

日本は、神道を礎としてきた国です。神道を宗教として迎えるかどうかは個人の選択によりますが、多くのことが神道の決まり事の上で成り立っています。

日本人だからといって、故事に従順である必要はありません。しかしながら、様々な祝い事があってこそ、保てる日常があることもまた事実です。

ライフスタイルの違いこそあれ、平和で健やかに暮らしたいと思うのは、万人に共通する願いです。日々を戦いの中に生きている人であれ、束の間の安息は快く迎え入れることでしょう。

もし、疎遠にしている親戚や暫く交流していない友人がいるのなら、この端午の節句を機会に、連絡をしてみるのもいいでしょう。もらう方にしてみれば、電話でもメールでも、または直筆の手紙なども嬉しいものです。

ぜひ、来る端午の節句には、誰かを祝ってあげてみてはいかがでしょうか。それにより、また少し心が育つかもしれません。

5月5日が、あなたにとって実りある日でありますように。

広告を非表示にする