読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

五月病の正体とは?症状のチェックとその対処法を知る

生活に役立つ情報

 

毎年、ゴールデンウイークが開けた後に出てくる気怠さ。医学的には正式名称すらないこの精神障害。巷では五月病と呼ばれています。

今回は、この五月病についてのお話をします。

 

 

f:id:wwptalk:20160420123057j:plain

 

目次

 

 

五月病とは?

 

Wikipediaによれば、

 

五月病とは、新人社員や大学の新入生などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称。

 

と書かれています。

 

そもそも「五月病」とは、大学の入試が終わった後の学生が、ゴールデンウイーク明けくらいから何もやる気が起こらないようになる、燃え尽き症候群とか無気力状態の総称でした。

虚脱感や倦怠感を伴い、心体に一時的な不具合を起こします。このような精神状態には年中を通して陥りますが、特に5月の連休明けにこの症状を訴える人が多いことから、五月病と呼ばれるようになりました。

 

 

五月病の原因

 

肉体的または精神的な原因で気分が落ち込み、体の様々な部分に変調をきたすことを、抑うつ症状といいます。病気ではありませんが、この抑うつ状態がさらに症状を深めるようになると、うつ病と呼ばれます。

「うつ病」になると、脳内のセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が減少します。五月病は、このうつ病になる一歩手前の状態と言えます。

 

新しい環境に身を置くことになった人は、本人が意識しない間に、肉体的、精神的な疲労が蓄積しています。入学や入社などを終えた人には特にその傾向が強く、長い緊張状態に陥っていることがよくあります。それが、比較的長期の休暇によって緊張が途切れると、これまでの精神状態から開放されて、この抑うつ症状になり易くなるのです。

 

五月病にかかり易い人の特徴は、

 

1. 真面目な人
2. 責任感がある人
3. 忍耐力がある人
4. 融通が利かない人
5. ロマンチスチトな人
6. 不真面目で責任感のある人

 

だと言われています。

 

 

五月病の症状

 

症状も実に様々です。以下にその症状を挙げてみます。

 

1. 理由は分からないが気分が落ち込む

2. 特に何もしなくても疲れる

3. 集中できない、または集中力が続かない

4. 夜になっても眠れず、または眠くても寝られない

5. 朝、目が覚めても布団から出たくない

6. 食欲がない

7. 身だしなみを整えるのに無頓着になる

8. マイナス思考になりやすい

9. 仕事や授業が近付くと体調不良になる

10. 仕事の効率が悪くなったり、ミスが増えたりする

11. 人と会いたくなくなる

12. 寝付けなくなる

13. イライラや焦りが頻繁に起こる

14. 肩こり、頭痛、めまいなどが起こりやすくなる

 

以上に加えて、肉体的には、胃痛、食欲不振、動悸やめまいなどの症状を伴う場合があります。

 

 

五月病のチェック方法

 

それでは、五月病をチェックする方法を見てみましょう。どうも体がだるく、やる気が起きないなどといった場合、下のシェックシートで調べてみて下さい。早期に発見することが出来れば、心配も軽減できます。

 

f:id:wwptalk:20160420134138j:plain


最近1ヶ月の症状で、上の項目に当てはまるものに、ほとんどない(0点)、ときどきある(1点)、よくある(3点)をつけて点数を合計します。点数の合計が11点以上なら、少し注意が必要です(このチェックシートは厚生労働省ホームページから引用しています)。

 

 

五月病への対処方法

 

自分で出来る方法

 

1. ストレスを溜めないようにする(もしくは解消する)

症状が軽いなら、運動や趣味に時間を割くことで解消できます。心を軽快にしてくれるような読み物もプラスに作用します。

上記のチェックシートでも11点以上になる場合は、思い切って医療機関を訪ねてみましょう。一人でくよくよと悩むのが、最も症状を長引かせる原因です。心理カウンセラーなどの、真剣に話を聞いてくれる専門家がおススメです。

職場でのトラブルが症状を悪化させることにも繋がるので、同僚や上司とコミュニケーションを取ることを率先して下さい。心を前向きにしようとするのは難しいかもしれませんが、無理をしない範囲で行動してみて下さい。特に、仕事仲間との関係が良好なら、早期の改善も期待できます。


2.太陽の光を浴びる

ビタミンDを補うには、太陽の下に30分佇むだけで十分だと言われています。晴れた日に散歩に出かけるのはとても効果的です。日光を浴びることで体内時計が正常に機能するので、睡眠にも良い影響を及ぼします。抑うつ症状の改善にも役立つので、日光を浴びながらの散歩はおススメです。

また、軽い運動を行うことでも上記と同様の効果が望めます。もし、外出が無理なら、カーテンを開いて明るくなった室内で、何か軽く汗ばむような運動をしてみて下さい。


3.食事の内容を変える

コンビニ弁当やインスタント食品を多く取る生活では、どうしても栄養に偏りが生じます。こんな時は、気分を変えて生鮮食品を食べましょう。魚(サバ、アジ、サンマ、イワシなど手軽なものから)と野菜のコンビネーションは、健康的であるだけではなく、食卓に変化をもたらします。カツオやマグロは定番です。特に、セロトニンを多く含む食材を取ることが勧められます。肉、大豆関連の食品(納豆や豆腐など)、乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)が挙げられます。

 

 

医療機関を受信する場合

 

1.薬を用いる治療

自身ではどうしようもない場合や、上記のシートで11点以上になった場合は、迷わずに医療機関を訪ねましょう。現在は、精神疾患に効く薬も少なくないので、医者に相談すれば処方してくれます。


2.心理カウンセリング

認知行動療法などと、聞いただけでは意味の分からない治療法がありますが、基本的にはカウンセリングを主体とする精神療法(心理療法)です。薬を用いることで相乗効果を図る場合もあります。ネットの口コミを調べることで、大方の評判は知ることが出来ます。十分に検索した上で受診して下さい。


3.休養により環境を変えてみる

同じ環境に浸っている場合は、なかなか症状が改善しないこともあります。そんな場合は、暫く休養を取って環境を変えてみることをおススメします。ストレスの多い中で治療を続けても高い効果は望めません。そんな時は、思い切って何処かへ移動するのも一つの手です。

 

 

終わりに

 

五月病は、ともすると「気の緩み」だとか、「気合が入っていないから」だとかと言われることがありますが、これは立派な神経失調症の一つです。自身はかかったことがなく、理解出来ない人も少なくありません。もし、五月病の可能性が疑われるなら、そのような人とはなるべくコンタクトを持たないことです。

理解出来ない人といくら時間を過ごしても、ストレスの原因になるばかりでプラスにはなりません。こんな時は、無理をして一緒にいる必要はありません。人も環境の一部ですので、暫く付き合いを控えるのも治療方法の一つです。

 

五月病はこじらせると長引き、人生を左右するような疾患に発展しないとも限りません。なるべく早期に発見し、きれいさっぱり治してしまいましょう。

一番のおススメは、天気が良い日に散歩をすることです。