読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

ゴーストバスターズ3の予告編は酷評だらけ!?良くも悪くも評判になる映画

2016年の8月に公開が決まっているゴーストバスターズ3ですが、ここへ来て予告編の評価が思わしくなく、オープンに先駆けて暗雲が立ち込めてきたようです。

前作、前前作のストーリーは受け継ぎながらも、なぜにここまで悪評が重なるのかを、Youtubeのトレーラーを見ながら検証して行きます。

 

 

wwptalk.hatenablog.com

 

youtu.be

 

ストーリーについて

 

多少のアレンジはされているようですが、ダン・エイクロイドが科学雑誌を見ていた時に思い付いたと言われるストーリーに、それほど手は加わっていないようです。

映画の続編が酷評を受ける場合、その最も比較対象とされるのはオリジナル作品とです。

前作の出来が良ければ、次回作への期待が高くなるのは致し方ありません。

ただ、いくら続編とは言え、全く同じ映画にはなるはずもなく、そもそも比べるのがおかしなことです。

 

パラノーマルを題材とした映画は無数に作られていますが、コメディタッチにして大ヒットをした作品はそれほど多くありません。

なるほど、話題に上った映画も少なくありませんが、続編ともなれば尽く失敗に終わっています(スクービー・ドゥーとか)

そもそものストーリー性が弱く、アニメやドラマからの派生映画として注目を集めても、行き当たりばったり感が否めないからだと考えられます。

例えば、アダムス・ファミリーの一作目はかなり斬新でしたが、ニ作目はいささか見劣りしてしまう出来でした(ウェンズデー・アダムス役のクリスティナ・リッチが面白く、個人的には好きでした)

 

オリジナルの印象があまりにも強いので、観客の固定概念を払拭するまでには及ばなかった、と言えるのでしょう。

 

今作のゴーストバスターズでも、一作目の印象をいかに超えるかが課題となっているようです。

 

 

キャストについて

 

Youtubeのコメント欄では、メインキャストに対しての悪評が目立ちます。

主人公に女性を迎えたのが気に入らない人が多く、中には人種差別的な発言もちらほら見かけます。

 

これまでのゴーストバスターズでは、アーニー・ハドソンさん以外の主人公はほぼコメディの経験者です(日本のお笑い芸人とは全くの別物と考えて下さい)

特に、サタデー・ナイト・ライブの出演者や、番組のシナリを手がけた人がメインキャストとして出演しています。

ある意味、ゴースバスターズは、コメディアンのために作られた映画なのかもしれません(彼らはもともと俳優学校の出身者。生活のためにコメディを行う人が多い)

そのため、今作でも女性コメディアンを登場させたのだと考えられます。

 

しかしながら、今作の脚本家(ケイティ・ディポルド、デンジャラス・バディ)は前作とは違い、女性をメインとしたコメディを得意としています。

当然、ゴーストバスターズの一作目と二作目のテイストは根底から覆されています。

さらに、監督のポール・フェイグさんはディポルドさんとコンビを組むことで大成功を収めたので、少なからず彼らの作品に出演したキャストを使っています。

 

コメントの中には、「太った女性が大声で喚いているだけがコメディではない」などといった辛辣なものまであります。

大方の意見は、今回のキャステイングが映画とマッチしていないのを訴えているようです。

 

 

youtu.be

 

脚本について

 

映画の本編が公開される前に、ただのスニークプリビューだけで全体を評価することこそが、そもそも愚かな行為です。

とは言え、脚本のハイライトでもある部分をプリビューに当てるのであれば、その点だけにおいて評価を受けるのも仕方がないことです。

 

ただ、今回Youtubeにアップされたトレイラーを見る限りは、前作のゴーストバスターズとは異なる映画として違和感を抱く人がいるのも頷ける気がします。

 

上に載せたトレーラーは、一番目が今月にアップされた最新のトレーラーで、次いで3月に紹介されたトレーラーです。

二番目を見れば、いかにこれまでのゴーストバスターズとは違う作りになっているかが分かります。

 

なぜ、多くの人がこれほど今作を酷評するのかが、私には今ひとつ理解出来ません。

確かに、少々鼻に付く演技や演出はあるものの、前作から30年を隔て作られた続編としては申し分ありません。

キャストに魅力を感じるか否かは個人の好みによるところでしょうが、彼女達の演技が映画そのものを損ねているとは思えません。

むしろ、これまでとは違った、全く新しいゴーストバスターが誕生したと言えます。

 

ダン・エイクロイドも、「ゴーストバスターズになりたい新世代の女の子のための映画になる」と語っているように、30年前の映画とは違うことを認めた上で見るべきです。

 

「過去のゴーストバスターズの女性キャスト版」として見るのなら、それこそYoutubeのコメントのような意見が出て来るのでしょうね。

しかし、個人的な意見を言わせていただけば、その考えこそが間違いです。

 

 

映像について

 

この映画を見れば、ハリウッド映画がこの30年間にどれだけの進化を遂げたかが分かります。

一作目のゴーストバスターズがリリースされた時も、その映像テクニックはかなり目を見張るものがありました。

 

それが月日の移り変わりと共に、当時では想いもつかなかった方法で撮影されています。

今や常識となりつつありますが、30年前には不可能だったことが今は出来るようになったのです。

 

映像美は言うに及ばず、観客を楽しませる工夫がそこら中に散りばめられています。

楽しいだけではなく、時には恐ろしくなるような、本格的ホラー映画の要素も取り入れられています。

もうそれだけでも一見の価値があるのに、プリビューだけで見たような気になっている人は気の毒に思えます。

 

亡くなったハロルド・レイミスさんが、なぜ女性のキャストにこだわったのか、そして新作の制作になぜこれだけの時間がかかったのかが理解できます。

 

 

終わりに

 

日本の映画紹介サイトでも、ゴーストバスターズの新作をよく言わないところは結構あります。

トレイラーの映像を切り貼りしただけで、内容の欠片も無く、記事数とサイトの古さだけで検索の上位に居座っているのを見かけます(けっして悪いとは思いません。それも方法の一つですから)

そこでも、「ゴーストバスターズにブーイング!」などといったタイトルで記事(?)を挙げていますが、全く見る目が無いのには困ったものです。

 

脚本家が変わり、キャストも一新されれば、例え同名の映画でも違う作品になるのは当たり前です。

それを、固定概念に雁字搦めにされながら、新しい物を受け入れられない了見の狭さで見ていては、いくら素晴らしい作品でも駄作に映ることでしょう。

 

巨額の資本を投じても、箸にも棒にも引っかからないような映画はいくらもあります。

3D映像をどこよりも早く導入し、その撮影方法の先駆者となった映画がありました。

興行収入では押しも押されもせぬトップに君臨し、今もその記録は塗り替えられていません。

しかし、二度見たいかと言われれば必ずしもそうではなく、なぜあそこまでヒットしたのかは未だに疑問が残ります。

ただ、売れたからといって高い評価が付くわけでもありません。

 

鑑賞後、「えっ、一体何を見たんだっけ?」となったのを覚えています。

 

私としては、このゴーストバスターズをおススメさせていただきます。

女性でなくては出せない面白さがあり、今のアメリカ世情を風刺反映した映画です。

ところどころで顔を出す社会に対する皮肉は、アメリカンコメディ独特の味わいです。

翻訳では、痛烈な風刺の威力も半減してしまいそうですが、それでも十分に楽しめる内容です。

悲しいことも、腹立たしいことも、当然面白いことも、全て笑いに変えてしまう力のあるコメディです。

 

良くも悪くも、今や世界中で話題になっている映画です。

ぜひ、ご覧になって下さい。

 

ゴーストバスターズ3(Ghostbusters Answer The Call)は、8月19日の公開です。

 

こちらの記事もおすすめです。

wwptalk.hatenablog.com