読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

「モアナと伝説の海」 ディズニー14番目のプリンセス?! 2017年3月10日公開決定!

2016年上半期のディズニー話題アニメといえば、ズートピアをおいて他にはありません。

公開初日の興行収入は、現在のところ歴代トップです。

まだ公開されて一月あまりですが、もう既に「アナ雪」を追いこそうとしています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

しかし、ディズニーのライバルはディズニーだといわれるように、今後も多くのディズニーアニメが登場します。

 7月にはファインディング・ニモの続編である「ファインディング・ドリー」が、さらに8月には「ジャングルブック2016」の公開が迫っています。

そして、時期は多少ずれ込みますが、この秋に旋風を巻き起こしそうな新作、モアナと伝説の海の公開も控えています。

 

今回は、このモアナと伝説の海をクローズアップします。

 

 

f:id:wwptalk:20160614203001j:plain

 

 

目次

 

 

ディズニー56作目の長編アニメ

 

Youtubeでトレイラーが公開されたことで、どこの映画レビューサイトでも盛んに記事を投稿しています。

それもそのはずで、今までは白人の主人公がほとんどだったのに対して、モアナと伝説の海ではポリネシア系民族をメインキャラクターに取り上げているからです。

しかしながら、有色人種を主人公にしたディズニーアニメは珍しくなく、アラジン、ムーラン、ポカホンタス、プリンセスと魔法のキス、リロ・アンド・スティッチ(順不同)など、数々の作品が作られています。

 

確かに、ポリネシアンのプリンセスは初の試みですが、ポリネシアンといえばリロは既にディズニーの人気キャラです。

ハワイアンの可愛い少女は、世界中のファンを虜にし、今もTVアニメの中で大活躍しています。

何がそんなに注目されているのかと見れば、むしろモアナの生き方なのではないでしょうか。

 

ディズニー・アニメでは、今作が56番目の長編作となり、監督も、過去にいくつもの作品を手がけた二人が再びメガホンを取りました。

 

 

wwptalk.hatenablog.com

 

二人の巨匠

 

アニメの制作についてお話する前に、モアナと伝説の海の監督を務めた二人の男性をご紹介します。

先に上げた「プリンセスと魔法のキス(The Princess and the Frog)」を監督したのが、このアナの制作を監督指揮したお二人である、ロン・クレメンツ(Ron Clements)さんと、ジョン・マスカー(John Musker)さんです。

ロンさんとジョンさんの付き合いは古く、ディズニーアニメを手掛ける前からコンビを組んでいました。

 

聞くところによると、初めはロンさんのところにジョンさんが来て、アニメーターとして絵を描いていたそうです。

その後、二人はチームとしてディズニーの仕事に携わり、「リトルマーメイド」、「アラジン」、そして「プリンセスと魔法のキス」といった大作を手掛けます。

特筆すべきは、彼らのアイデアがオリジナルのストーリーをさらに輝かせたことにあります。

 

今作も、自らでサモアやフィジーやタヒチに赴いて、その土地の文化や風習を学んでから作られました。

二人にとっては初めてのフルコンピューターアニメですが、ポリネシアの人々を描写するには無くてはならない技術だそうです。

60歳を過ぎてから全く新しい分野の勉強を始めるとは、到底生半可な気持ちでは出来ないことでしょうね。

 

このお二人にはリスペクトしかありません。

 

 

wwptalk.hatenablog.com

 

監督と制作スタッフと声優

 

監督と制作スタッフ

監督 : ロン・クレメンツ(Ron Clements)、ジョン・マスカー(John Musker)

脚本 : タイカ・コーエン(Taika Cohen、またの名をTaika Waititi)

アニメーション : エリック・ゴールドバーグ(Eric Goldberg)

音楽 : マーク・マンシナ(Mark Mancina)、リン‐マニュエル・ミランダ(Lin-Manuel Miranda)、オペタイア・フォアイ(Opetaia Foa'i)

制作 : ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ

 

 

メインキャラの声優

モアナ・ワイアリキ : オウリ・イ・クラヴァルホ(Auliʻi Cravalho)

マウイ : ドウェイン・ジョンソン(Dwayne "The Rock" Johnson)

 

ドウェイン・ジョンソンさんはサモア系のアメリカ人で、オウリ・イ・クラヴァルホさんはハワイ生まれのアメリカ人です。

お二人共にポリネシアンであることから、この役を演じるにあたってはかなり気合が入っていたと思います。

オウリさんは、若干14歳でこの大役に抜擢された超ラッキー(無論実力のある)な役者さんです。

 

さて、日本での吹き替えは誰が行うのでしょうか?

これを考えると夜もおちおち寝ていられません(真っ赤なウソです)

 

 

モアナと伝説の海のあらすじ

 

f:id:wwptalk:20160614233731j:plain

Copyright by Disney

 

 

それでは、いつも通りに公式サイトで発表されている部分を、ちょこっとだけお伝えします。

 

モアナは、今から2000年前のパシフィックオーシャンに生活していたポリネシアンです。

族長の娘であり、生まれつきの航海士で大海の波を読む力を授かっています。

彼女の指名はある伝説上の島を探すこと。

そして、そこに行きつくまでには様々な経験をし、色々な存在と出会います。

ある日、彼女は、半神半人である男性のマウイと出会い、その後は彼と一緒に航海の旅を続けます。

 

とまあ、ここまではどこのサイトでも得られる情報です。

もし、これ以上を期待されるなら、下のトレイラーがおススメです。

 

他のキャラクターがどれくらい出て来るのか、どんな動物や怪物と遭遇するのかまでは分かっていません。

そうそう、モアナが連れている相棒が二匹いて、ブタの「プア」とニワトリの「ヘイヘイ」です。

どちらも個性豊かで可愛いキャラなので、きっとあなたを癒やしてくれることでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ディズニーのこぼれ話

 

ディズニーファンにとって、ディズニープリンセスとは大変意味のあるアイコンです。

一概にプリンセスといえば、王家の令嬢で王位継承権を持つ女性を指します。

しかしながら、ディズニープリンセスは必ずしも王家の息女である必要はありません。

 

その判定基準はファンでもない私には知る由もありませんが、これまでに認められた公式のディズニープリンセスは13人です。

アニメの中で、主人公か準主役扱いであった女性キャラは23人います(ひょっとするともっといるかもしれません)

 

 

f:id:wwptalk:20160614224436j:plain
buzzfeed

 ここには21人しかいませんが。

 

 

しかし、以上の中で、映画終了後にハッピーエンドを迎えた女性はこの半数しかいないのを知っていますか?

映画そのものはハッピーエンドで終わるのですが、ここで取り上げるのはカップリング、もしくは結婚です。

 

 

f:id:wwptalk:20160614225240j:plain

buzzfeed

 

 

結婚したからハッピーとは限りませんが、一応おとぎ話のベタなエンディングである「この後二人は一生幸せに暮らしましたとさ」とはならないケースが半数近くもあるところに、どことなく面白みを感じてしまいます(天邪鬼ですね)

勿論、登場する女性の全てが結婚適齢期だったわけではありませんし、中にはそれどころではなかった方もいました。

 

どことなく皮肉めいたリサーチですが、一体誰が行ったのでしょうか?

このいささか悪趣味なリサーチをしたのは、アメリカのソーシャルメディアサイトである、Buzzfeedです。

まあ。あそこくらいしか、こんな一歩間違えれば炎上しそうな記事をアップしませんがね。

 

ただ、こんな見方もあるのかと思えば、結構ツボにハマる面白さがありますけれど……。

 

 

終わりに

 

モアナは、ハワイ語で「大海」を意味します(太平洋とも言います)

マウ(Mau)とは永遠を意味し、イ(i)は「~に」とか「~へ」という接続詞です。

マウイ(Maui)は、ハワイにおける創造の神様ですが、ひょっとすると「永遠に」という意味もあるのかな~なんて思ってみたりします。

 

ちなみに、島はマク(Maku)で、地球とか大地をホヌア(Honua)といいます。

この「モアナ」を見るついでに、ハワイ語を勉強してみるのも面白そうですよ。

ハワイでは、ハワイ語を話せる人が年を追う毎に少なくなっており、美しい文化の一つが消滅する危機にひんしています。

 

ディズニーが、このモアナと伝説の海を作ったのも何かの縁かもしれません。

社会貢献の一つと思って、みんなでハワイ語を習ってみませんか?

ディズニーだけではなく、ハワイの人もその周辺に暮らす人も、きっと喜ぶに違いありません。

 

最後になりましたが、モアナと伝説の海の音楽を担当しているリン‐マニュエル(Lin-Manuel Miranda)さんが、6月12日に開催された2016年のトニー賞トニー賞 - Wikipediaでベスト・オリジナル・スコア・オブ・ミュージカル(the award for Best Original Score of a Musical)に輝きました。

 

Image: Lin-Manuel Miranda

http://www.nbcnews.com/slideshow/highlights-billboards-prince-tributes-more-n578526

 

 

 よりファンタジックな世界が見たいなら、こちらがおススメです。

wwptalk.hatenablog.com

 

wwptalk.hatenablog.com

 

モアナと伝説の海」ティーザートレイラー

youtu.be

 

ディズニー新作アニメ「モアナと伝説の海」は、2016年11月23日(水)にアメリカでの公開が予定されています。

日本での公開は、2017年3月10日です。