読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

部屋干しの嫌なニオイを断つ!洗えないスーツのニオイもこれで解消!!

部屋干しをしなければならない時期と来れば、それは梅雨時です。

ジメジメとした空気の中に、せっかく汚れの落ちた洗濯物を干すのは気が引けます。

一日中カラッと晴れてくれれば心配もありませんが、乾く途中で雨でも降ってくれば、急いで部屋干しに切り替えなければなりません。

そうすると、また頭を過るのは、あの生乾きの嫌なニオイです。

 

そこで今回は、雨の降った日でも屋内に洗濯物を干せて、なおかつあのニオイにも悩まされずに済む方法をお伝えします。

 

 

目次

 

 

ニオイの原因とは?

 

洗濯物からニオイがするのは、雑菌の繁殖が原因とされています。

その多くは生乾きによるもので、洗濯物の表面が菌の繁殖に最適な環境になるからです。

しかし、菌が繁殖するにはその栄養となるモノがなければならず、苗床となる何かがあるはずです。

 

その、雑菌の養分となるのが、洗濯では取り除けなかった皮脂になります。

もっとも、菌が繁殖する以前に乾燥し、日光に晒すことにより菌の繁殖を抑えるのも一つの手です。

しかし、毎日が晴天とは限らず、曇空の下、室内で洗濯物を干す機会も出てきます。

 

そこで、ニオイの原因となる雑菌の繁殖を抑え、いつでも気持ちの良い洗濯物が使えるようにしてみましょう。

 

 

f:id:wwptalk:20160720012701j:plain

 

 

ニオイ対策

 

雑菌の繁殖が、洗い残った汗や皮脂が原因であることは分かりました。

では、汗や皮脂が残らないように洗えばニオイはしなくなるはずです。

それが一番手っ取り早いのですが、なかなかそうは上手く行きません。

 

なぜなら、強い洗剤を使えば繊維が傷むのも早く、毎回洗濯の度に塩素に晒すわけにも行きません。

どう見ても、雑菌の繁殖を抑える方がより簡単で効率的です。

そこで、月並みですが最も効果的な7つの方法を取り上げてみました。

 

1. 一度に多くの洗濯物を洗わない

2. 洗濯物を長く洗濯槽に放置しない

3. 洗濯物は間隔を開けて干す

4. なるべく風通しの良い場所に干す

5. 定期的に洗濯槽の汚れを取る

6. 毎回漂白剤を使う

7. 酸を使ったり煮沸消毒を行う

 

それでは、順を追って説明します。

 

1. 一度に多くの洗濯物を洗わない

洗濯機には一度に洗える容量があり、これを超えると汚れの落ち具合が極端に低下します。

重量のあるもの(例えばトレーナーやバスタオルなど)と、下着のように軽いものは、なるべくなら一緒には洗濯せずに、別々に洗うのが良いでしょう。

洗濯物に水が十分に当たるようにし、洗剤そのものがよく落ちるように洗います。

なぜなら、多くの洗濯物を一度に洗うと、すすぎをしても洗剤が残っている場合があるからです(粉洗剤を使っていたときは洗剤が衣服の間に残ることが度々ありました)

 

2. 洗濯物を長く洗濯槽に放置しない

テレビや他のことに気を取られていて、洗濯物を干すのを忘れたことはありませんか?

洗濯槽の中に洗濯物を放置するのは、まるで雑菌の繁殖を助けているのと同じです。

洗濯が終わったなら、一刻も早く干しましょう。

後でも説明しますが、洗濯槽は思ったほどキレイではありません。

 

3. 洗濯物は間隔を開けて干す

濡れた洗濯物が重なっていては、雑菌に増えてくれと頼んでいるようなものです。

乾燥の時点では、水分を早く蒸発させることが求められるので、濡れた洗濯物が触れないように干す必要があります。

洗濯物同士の間隔を開いて、水分が蒸発しやすいように工夫します。

 

4. なるべく風通しの良い場所に干す

いくぶん3.に重複しますが、洗濯物の間には少しでも空間が開くように干しましょう。

風が通れば、それだけ水分は蒸発しやすく、菌の繁殖も抑えられます。

さらに、裏技として使えるのは、繊維の素材によって隣り合わせになる洗濯物を変えることです。

 

少々分かり難いのでもう少し説明すると、綿素材の洗濯物の隣には、ポリエステルやナイロンなどの化繊系の洗濯物を干します。

化繊は水分の蒸発が早く、綿繊維に比べるといくぶん乾燥が早くなります。

部屋干しでは、乾くのに時間がかかりそうな洗濯物は、化繊の洗濯物の隣に干すのがコツです。

 

ウソだと思ってやってみて下さい。その効果には結構驚きますから。

 

5. 定期的に洗濯槽の汚れを取る

2.でも少しお話しましたが、洗濯槽は決してキレイではありません。

最近では自動で洗濯槽を洗浄する洗濯機もありますが、従来の洗濯機ではまだまだそこまでの機能はありません。

そこで、洗濯槽は定期的に洗う必要が出て来ます。

 

洗濯槽専用の洗剤も出ていますが、重曹を使って洗浄することが出来ます。

洗濯槽に水を張って、その中に食酢と重曹を入れます。

分量は、水槽が40リットルに対して、重曹100グラムを目安にします。

その割合は1対1か、重曹を2にしてもかまいません。

 

重曹と食酢を入れたら、一時間ほど放置しておきます(蓋は閉めて下さいね)。

一時間経てば、「標準」で洗濯機を一度回して、汚れがどれくらい取れたかを確認します。

大抵は、小さな垢となって洗濯槽のネットか底に溜まるので、それらを取り除けば洗浄は完了です。

 

6. 毎回漂白剤を使う

洗濯物の雑菌を繁殖させないためには、漂白剤を使うのが効果的です。

洗濯前に、漂白剤を溶かした水に洗濯物を浸けるのも効果的ですが、洗濯機を回すときに洗剤と併用するのが一般的です。

たとえニオイがするような洗濯物でも、漂白剤は効果てきめんです。

酵素系の漂白剤なら、毎回洗濯時に使用できます。

できれば、液体の漂白剤がおススメです。

 

7. 酸を使ったり煮沸消毒を行う

洗濯をする前に、洗濯物をお湯(50℃以上の湯)に浸けたり、上で出て来た食酢を入れた水に浸けておくのも効果が期待できます。

食酢は、洗濯物を入れた容器にテーブルスプーン一杯程度で十分です。

ただし、洗濯物は少なめに、最低でも一時間程度は浸けておきます。

 

しかしながら、この方法で汗や皮脂が全て取り除かれるわけではなく、また多くの洗濯物には使えません。

飽くまで、限定的な対処方法として有効です。

 

 

ニオイの予防?!

 

洗濯物を乾かすのに、最近発見した市販の乾燥商品があります。

乾燥剤を主成分に使った速乾・消臭アイテム「シリカクリン」と呼ばれる商品で、梅雨の頃には爆発的な売れ行きだったようですが、普段からでも十分に使える洗濯用アイテムです。

特に、洗ったはいいが乾燥するのに手間がかかるとか、水切れが悪い素材には持って来いです。

 

素材は、ポリエステルの布地にシリカゲルを含んだ特許取得の布で、最大で約168mlの水分を吸湿することが出来ます。

色々な形の商品があり、ハンガーにかけるものや、靴の中に敷くタイプのものまであります。

乾いているときはブルーですが、水分を吸収するとピンク色に変わります

 

日光に当てると乾燥するので、再利用が可能です。

それも2時間程度天日にさらしておくか、風通しの良い所に干しておけばいいので、かなりかしこい商品です。

靴のニオイも吸収してくれるので、汗をよくかいた日には必需品となるでしょう。

 

 

激取りMAXネオ

この商品は、スーツや上着の袖の中も乾かせるように袖用の布も付いている、「シリカクリン 激取りMAXネオ」です。

 

さらには、クリーニングに出すしかないスーツや上着などの、汗やニオイも一緒に取ってくれます。

 

 

終わりに

 

湿度が高く雑菌が増えやすくなるのは、何も梅雨時ばかりではありません。

秋口はカビが繁殖する条件が揃っていて、洗濯物が生乾きになればほぼ確実にニオイを発するようになります。

それに、夏に着た服には汗と皮脂がこびりついているでしょうから、日に当てなかったり風通しの悪いところに乾そうものなら、悪夢の再来にならないとも限りません。

 

消臭剤は使いようですが、根本的な解決にはならないので、やはりしっかり洗ってしっかり干すのが良いようです。

薬品に頼ると生地が傷むのも早く、せっかくのお気に入りも寿命が早まるかもしれません。

しかし、ここで挙げた方法さえ知っていれば、嫌なニオイをかがずにすむだけではなく、衛生的で快適な生活を送れます。

 

ぜひ、この機会に、効果的な洗濯の方法を覚えて下さい。

絶対におススメです!

 

 こちらもおススメです。

wwptalk.hatenablog.com