読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

映画「ライト/オフ」は古典的なホラー!抗えない怖さに人気沸騰中!

2016年公開予定映画

ホラー映画の代表作と言えば、並み居る強豪を退けて、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」が挙げられるかもしれません。

それ以前には「The Ring」などもありましたが、興行の面では段違いの成績で二位以下を引き離しています。

しかし今、その地位を脅かす存在が現れました。

 

パイロット作品とでも言うべき前作は、たった2分40秒の間に起こった恐怖を、あたかも延々と続くがごとくに演出してみせます。

再生回数は破格の億を超え(これはYoutubeでの再生回数ではありません)、多くのホラーファンを魅了しました。

その続編、もしくはリブートとされた作品が、81分の長編となって帰ってきます。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:wwptalk:20160801204806j:plain

 

この映画については、長々と話すつもりはありません。

なぜなら、パイロット映像を見る限り、これは典型的な子供騙しの映画に過ぎないからです。

 

アメリカでは、7月22日に公開されて以降、破竹の勢いでサクセス・ストーリーを刻んでいます。

しかし、残念なことに、この手法は半世紀前に既に存在しました。

 

生まれたての赤ん坊が50歳のおっさんになる頃には、50年前に公開された映画など誰も見向きもしません。

もし見るとしても、極一部の映画マニアくらいです。

そんな彼らが映画を作り、リバイバルとして今作を撮ったのでしょう。

 

勿論、映画自体はとても綿密に考えられており、ホラー好きだけにはとどまらず、多くの映画ファンを楽しませることの出来る作品です。

ただ、白黒のホラー映画、「ノスフェラトゥ」を知る世代(私はそこまで古くないですが)にとっては、いささか拍子抜けするかもしれません。

 

しかも、この日本語タイトルのネーミングは、どうにかしてもらいたいほどに最悪です。

もし、私がこの映画の配給元なら、ネーミングした人は左遷です(南の島にバカンスに行っていただきます。もっと遊び心が欲しいので)

映画のクオリティーにタイトルがマッチしていない、その典型的な例でしょう。

 

まだ映画のタイトルですら記述していないほどですから、潜在意識下にはインプットされていないと見えます(この映画を楽しみにしている方には気の毒です)

製作スタッフやキャストについては、他のサイトをご覧下さい。

どこも同じような内容で、やたらと褒めまくっていますので、そちらを読んでいただいた方が気分もいいはずです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

原題は、「Ligh Out(ライトアウト)」です。

日本語に直せば、そのまま「消灯」になります。

邦題は、「ライト/オフ」となっていますが、真ん中のスラッシュは何を意味しているのか分かりません(カタカナ表記にするくらいなら、もっと日本語で怖いタイトル考えろ!)

電灯のスイッチを想起させようとして付けたのか、それとも全てを闇に消すために「/オフ」としたのかもしれませんが、真意の程が疑われます。

 

自分のことをお洒落だと思っている唐変木が、しこたま頭を捻って付けたのでしょうが、意味不明にしてセンスも無いので10点です(500点満点でね)

しかしながら、製作時間が十分に取られたこともあり、今作品の出来は上々です。

"Who's There Film Challenge 2013"に出展された作品よりも、こちらの方が心理的に恐怖を感じます。

 

冒頭で書いたように、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」を脅かす存在になるかどうかは別にして、ホラーファンの期待を裏切らない映画であることは事実です。

それに、幸運な事に、この映画は「PG-13」指定なんですね~。

子供も大人も楽しめて、また子供だけでも見ることが出来る映画です(これがヒットに繋がる秘訣です)

 

忘れる前に付け加えておくことが一つありました。

あの貞子で有名な映画、「ザ・リング」が、ハリウッド版の「Rings」となって戻って来ます。

2002年に公開された、「The Ring」の三番目の続編となるようです。

アメリカでの公開は、10月28日の予定です。

 

 

こちらもどうぞ。 公開日が重ならなくてよかった!

wwptalk.hatenablog.com

 

「ライト/オフ」トレーラー

youtu.be

 

最後に、おススメの気味悪さはこちら(笑う男の顔をもう少しなんとかして欲しかった)

 

The Smilling Man トレーラー

youtu.be

 

本作品の「ライト/オフ」ですが、日本での公開は8月27日(土)です。

どうぞ、お見逃しなく。