読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

「バイオハザード:ザ・ファイナル」のトレーラーが公開!8月10日はバイオの日?

2016年公開予定映画

映画業界では、8月10日は「バイオの日」と呼ぶそうです。

8=バ、1=イ、0=オ、となるようです。

そしてこの日に合わせて、映画「バイオハザード」の最終章、「バイオハザードⅥ・ザ・ファイナルチャプター」のトレーラーが公開されました。

 

 


Resident Evil: The Final Chapter Official Trailer 1 (2017) - Milla Jovovich Movie

 

 

いつもなら、トレーラーはページの末尾で紹介するのですが、「待ち切れないから早く見せて!」とおっしゃる読者様のために、ここにこうして設置することにしました。

 

とは申せ、特段にこの映画を評価しているわけでは御座いません。

むしろ、イタチの最後っ屁同様に、無駄な悪あがきをしているようにしか思っておりません。

それは、以前の記事でも申し上げた通り、一作目のセンセーショナルを超えるような作品には仕上がっていないからです。

 

今回は、ただ取り留めもなく、思い付いたことを書いております。

 

 

wwptalk.hatenablog.com

 

 日本の人気モデルが出演しているからといって、それで映画のクオリティ-が「グ~ン!」と上がるほど、スクリーンの世界はヤワではないのです。

むしろ、彼女が出ることによって、映画のムードが損なわれてしまうかもしれません。

ファンにとっては期待の映画でしょうし、プロダクションも彼女の売り込みには青筋を立てて奮闘するはずです。

しかしながら、映画とは、端役の一人がたとえ人気のモデルでも、それだけでどうこうできるような代物では御座んせん。

 

ほぼ人類が死滅した世界で、ほんの僅かに残った人達がサバイバル劇を繰り広げるのが、この「バイオハザード」シリーズの持ち味です。

ゾンビを作った組織に対抗し、化け物どもを粉砕しようとするわけですが、はたしてその先には何が待っているのでしょうか。

勝負は既に決まっていると思うのは、私だけなのかな?

 

「アイ・アム・レジェンド」では、凶暴化した人間を治癒する方法が見つかりました。

でも、「バイオハザード」では、あのクリーチャー(ネメシスとかタイラントとか)がまたノーマルな人の姿に戻るとは到底考えられません。

化物達(これは人類からの視点です)を斃すか、もしくは制御を解くかしなければ、アリス達に安寧な日々は来ないのです。

 

何とも不毛な話ですが、ゾンビの死肉を食らった動物もゾンビになるので、こればかりはコントロールできません。

それに、クリーチャー達も独自の進化をしていて、彼らがいる限り戦いは続き、普通に考えれば少数派の人類に勝ち目はないはずです。

そこをまた、是が非でも勝たせようとするところに無理があります。

 

 

f:id:wwptalk:20160828102236j:plain

 

 

矢吹ジョーには、明日がどっちなのかが分かりませんでしたが、「バイオハザード」のアリス一行には、明日があるのかすら分からない状態です。

「やや内角をねらい、えぐりこむようにして、打つべし!」てな余裕はないわけです。

襲いかかるゾンビの群れを、右に左に切っては投げ切っては投げしなければ、生きる方法はないのです(今日は何やら時代がかっている)

 

ファイナルチャプターとは言いつつも、この続編が作られることはまずないとは思いますが、とりあえずはこれを最後に、「バイオハザード」シリーズは終わって欲しいです。

なぜなら、あまりにもゾンビ映画が多過ぎるのと、切り口が一遍通りで、どれもが似たり寄ったりですから。

ゾンビと人間のハーフ(ヴァンパイアと人間のハーフである、ブレードみたいに)が生まれるとか、ゾンビの劣化を止める薬を開発するとか、ゾンビでありながらも人を襲わずにゾンビを主食にする奴が現れるとか、もう少し違うパターンを考えていただきたいものです。

 

ハリウッドよりも日本での公開を先に行うには、それなりのワケがあります。

その思惑が見事に当たればいいのですが、外れれば目も当てられない事態を招くでしょう。

一応、最終作でもあるので、そこそこの観客動員数は見込めるでしょうが、ストーリーはおおよそ想像がつく展開となるはずです。

 

私は、テレビかhuluで放送されるのを待とうと思います。

 

「バイオハザードⅥ・ザ・ファイナルチャプター」の日本公開は、2016年12月23日(金)です。

 

 

こちらもおススメです。

wwptalk.hatenablog.com