読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

映画「ウエスト・ワールド」がドラマになって放送開始!いつかAIが人類に仇なす日

AIを題材にした映画はいくつもあります。

そしてそのほとんどは、AI自身が固有の意思を持ち、人間とは離反する姿が描かれています。

今回は、過去の映画をリメイクした、HBO(アメリカの有料テレビ番組)の新ドラマである、「ウエスト・ワールド」をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

日本では、スカパーや衛星チャンネルと契約している人しか見られませんが、そのうちDVDや他の番組でも放送されると思います。

ぜひその前に、このドラマの魅力をかい摘んでお話します。

 

 

目次

 

 

初期SF映画の不朽の名作

 

 

f:id:wwptalk:20161013000757j:plain

 

 

先ず初めにお話しなければならないのは、1973年に公開された映画、「ウエスト・ワールド」についてです。

「荒野の七人」や、「王様と私」で知られる往年の名優、ユル・ブリナー氏の主演映画でした。

とは言っても、彼はAIを搭載されたロボットで、終始口を開くことはありませんでした。

 

マイケル・クライトン(Micheal Crichton)氏の原作を映画化した作品で、監督も脚本も、クライトン氏自身が行っています。

クライトン氏が書いた小説のうち、、コンゴ(Congo)、ジュラシックパー(Jurassic Park)、スフィア(Sphere)、ディスクロージャー(Disclosure)、ライジングサン(Rising Sun)、ロスト・ワールド -ジュラシック・パーク2(The Lost World)は、日本でも知られています。

以上の作品は全て映画化されており、「ウエスト・ワールド」だけは映画のために書き下ろされた脚本でした。

 

そして、この脚本を元にして生まれたのが、ジュラシックパークでした(ほぼ同時に書かれていたようですが、若干ウエスト・ワールドの方が早かったようです)。

しかし、そもそものベースとなるアイデアはディズニーランドであり、巨大パークの制御が効かなくなったときを想定して考えられました。

「ウエスト・ワールド」には続編があり、「未来世界(Futureworld)」として公開されています(面白いことに、主演は違っても、再びガンマンとしてユル・ブリナー氏が出演しています)。

 

「ウエスト・ワールド」は、その後多くの映画に影響を与え、特にAIが独立した思考によって、人間とは背反する存在となるストーリーの基礎となりました。

理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士が提唱するように、特異点定理を真っ先に映画化したのが、この作品です。

映画では、ただユル・ブリナー扮するガンマンが、人工知能の不具合により入園者を殺傷して行くだけのストーリーですが、独自に考えて行動するところは、まさに技術的特異点を表していると言えます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

HBO制作のニューバージョン

 

2016年10月2日、アメリカでは既にドラマが放送されています。

初回の放送は、1900万人が視聴しています。

二回目で1500万人と落ち込みましたが、今後に期待の持てる作品です。

 

原作は、マイケル・クライトン氏ですが、ジョナサン・ノーラン(Jonathan Nolan)さんと、リサ・ジョーイ(Lisa Joy)さんによって、TVシリーズ用に編集されています。 

ストーリーは原作を少なからず踏襲しており、アメリカ開拓時代の西部をそっくりそのまま再現した、アミューズメントパークが舞台になっています。

パークを運営するのはAIを搭載された人造アンドロイドで、高額の入場料を払ったゲスト(ドラマではニューカマーと呼ばれています)の命令通りに動くようにプログラムされています。

 

詳しくはネタバレになるので話せませんが、下のトレーラーを見て想像してみて下さい。

もし、あなたがこのパークに取り残されたとすれば、かなり危機的状況に置かれるのが分かると思います。

 

 

見どころ

 

 

f:id:wwptalk:20161013000827j:plain

 

 

シーズン1のエピソードは10あり、およそ11人の俳優が主演を努めます。

中でも、ドラマ初登場のアンソニー・ホプキンス(Anthony Hopkins )の演技が見ものです(ドクター・ロバート・フォードを演じています)。

彼は、このパークのホスト(アンドロイド)の設計者であり、あまり感情を表に出さない、この世界(パーク)の支配者のような存在です。

 

さらに見ものは、エド・ハリス(Ed Harris)さん扮する黒ずくめの男です。

彼は「ウエスト・ワールド」のユル・ブリナー氏のように、来場者を次から次へと殺害するようです(詳しくはドラマで)。

ホプキンス氏もハリス氏も結構なお年ですが、主演を完全に食ってしまうくらいに、その存在感は巨大です。

シワの刻まれた顔に白髪が、このドラマには欠かせないフレイバーとなっています。

 

映画では敵いませんが、アニメなら日本はどこの国にも負けてはいません。

中でも、士郎正宗氏の原作、「攻殻機動隊」は、全世界にファンのいる日本が誇るアニメです。

そして、このドラマ「ウエスト・ワールド」でも、「攻殻機動隊」を髣髴とさせるようなシーンが数多く出てきます。

 

おそらく、脚本家もプロデューサーのJ・J・エイブラムス(Jeffrey Jacob Abrams)さんも、ブライアン・バーク(Bryan Burk)さんも、「攻殻機動隊」のファンではないかと思います。

特に、「GHOST IN THE SHELL」からの影響をかなり受けていると考えられます。

なぜなら、「ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル(Mission: Impossible – Ghost Protocol)」なんて、名前からしてそのままですから。

 

それに、表舞台である西部の町と、バックステージとなるラボの対比が、絶妙な違和感と言い知れぬ恐怖を演出しています。

またネタバレを起こしてしまいそうですから、やはり続きはドラマを見て下さい。

 

 

f:id:wwptalk:20161013000850j:plain

 

 

終わりに

 

スカパーと契約している人は、その中のStar Channelで視聴することが出来ます。

最近では、ドライバーさえダウンロードすれば、PCでもスカパーの視聴が可能なようで、鬱陶しいサテライト無しに好きな番組を見られます。

ここでもその説明がしたいところですが、映画の紹介からは外れますのでここではリンクを載せません。

 

「スカパー 契約」のキーワードで検索してもらえば、目当てのサイトに辿り着くことが出来ますので、どうぞそちらでお願いします。

かなり面白いドラマに仕上がっていると思います。

ぜひ、お楽しみ下さい。

 

 

 ドラマ「ウエスト・ワールド」のトレーラー(英語版)です。

 

 

こちらも絶賛公開中です! 日本ではあまり人気がないようですが。

wwptalk.hatenablog.com

 

HBOのリメイク版「ウエスト・ワールド」は、2016年10月13日から、スター・チャンネルで放送されます。