読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

「デス・ノート Light up the NEW world」がいよいよ公開!あなたはアニメ派それとも映画派?

2016年公開予定映画

10月29日、新作映画「デス・ノート Light up the NEW world」が公開されます。

TVシリーズを含めれば、実に多くの作品がリリースされている本作ですが、今回は装いも新たに再出発を果たします。

前作から数えて10年目に当たる2016年、今回はどんなストーリーがお目見えするのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

とは言っても、設定そのものが変わるわけではなく、リブートになる感が強いです。

TVシリーズとはまた違った臨場感での、ポストキラと対策本部との攻防が見られそうです。

 

 

アニメと映画

 

f:id:wwptalk:20161020205223j:plain

 

 

デス・ノートの第一作は、2006年に公開されたTVアニメが思い出されます。

それまでは原作も読んだことがなく、テレビを点けるといきなりリュークが出てきて、彼の姿に胸が躍ったのを覚えています。

その日から毎週その時間を楽しみにしていたものですが、後半に入ってからは急に面白味が無くなり、残念なことに途中から見なくなってしまいました。

 

映画に至ってはアニメよりもいささか質が落ちたようで、中でも戸田恵梨香さんの演技にはため息が出たものです。

映画3作(デスノート、the Last name、L change the World)での興行収入は300億円を突破したそうですが、それは今でも信じられない快挙です。

そこでまた、新作をリリースすることになったようですが、はたしてどれほど進歩しているのかが見ものです。

 

今回も、アニメの実写映画が公開されるとあって、制作側も宣伝に余念がありません。

しかし、いくらアニメが素晴らしかろうと、映画ではその実績も影に霞んでしまいます。

日本の役者がどこまで演じ切れるのか、また違った意味で楽しみな映画です。

 

初期作での藤原竜也さんの演技は悪くないのですが、松山ケンイチさんの演技は少々鼻につきます(個人の感想ね)。

原作に忠実にしたが故の勇み足でしょうが、アニメに登場する「L」には、もう少しウイットのセンスがあったように感じます。

今作にもカメオ出演をするようですが、さていかがなものでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

全体的にややトーンダウン?

 

主演が東出昌大さんということで、少々抑え気味の演出となりそうです。

もともと派手さのない控えめな演技が持ち味ですので、映画そのものが少々トーンダウンすると思います。

その分、菅田将暉さんや川栄李奈さんのような派手めの役者を起用したのでしょうが、菅田さんはともかく、川栄さんでは役不足なのは否めません。

今後の努力に対しての先行投資ということで、今回は薄目を開けて見ておきましょう。

 

もっとも、今回はキラVSLの構図ではなく、六冊のノートを持つポストキラVS対策本部です。

よって、一人にかかるウエイトも軽減されるので、それほど演技が出来なくても問題はないのかも知れません。

見どころは、何と言っても池松壮亮さんと菅田将暉さん、それに東出昌大さんの対決でしょうか。

ミディオカな演技に留まらないことを願います(東出さん扮する三島創は、演じるにはちょっと難しいかな?)。

 

 

終わりに

 

2015年のTVシリーズは、世界127カ国で放送されたと言われていますが、それほどの評価は得られていません。

なるほど、国内では多くのファンを獲得しましたが、世界的にはアニメの方が段違いに有名です。

日本語の映画を英語に翻訳する場合、役者の演技とシチュエーションがいまいち理解出来ないのかも知れません(日本映画が海外で上映される場合は往々にしてあります)。

 

個人的には、2015年のTVシリーズの方がより現実味があり楽しめましたが、今回の映画ではどれくらい楽しませてくれるのでしょうか。

架空の物語を見せる場合、いかにして観客を現実と非現実の間に留めておけるかが手腕であり、視聴者が頭からストーリーを拒絶するようではヒットは愚か大赤字で終わります。

トレーラーを見る限りでは、「バイオ・ハザードⅣ」のようなニオイがするのですが、大丈夫でしょうか。

 

とりあえず、10年の歳月をかけて練りに練ったシナリオですから、そうそう間違いはないはずです。

若干の不安要素は残りますが、新進気鋭の役者さんたちの演技に期待しましょう。

私は、菅田将暉さんと池松壮亮さんの演技には見るものがあると思います。

東出さんは、もう少しシャープに、善の中の悪を引き出せれば儲けものです(抽象過ぎたかな?)。

 

新作映画「デス・ノート Light up the NEW world」は、10月29日(土)に開帳(公開)されます。

乞う、ご期待!

 

 

 間もなくハロウィンですから、ちょっと怖いお話を。

wwptalk.hatenablog.com

そろそろみかんの季節です。映画と言えばみかんです(ポップコーンやろ!)。

wwptalk.hatenablog.com