さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

2016年最後の幸運を引き寄せろ!次回掲載の記事に乞うご期待!

今回はただの告知です。

いつも訪問して下さる方のために、今年最後の開運成就日をお知らせします。

個人的には、風水も、占星術も信じておらず、オカルト的な事柄とは縁遠い生活を送っています。

本来なら、20数年前に、ラスベガスからカリフォルニアへ向かうフリーウェイで人生を終えていたはずですが、まだこうして五体満足でいられることが一番の不思議であり、また感謝している事です(この話は、また機会があればお話します)。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ですので、全てを占いやオカルトで片付けてしまうのではなくても、世の中には人知の及ばない力が作用しているのは確かです。

それを信じろとは言いませんが、もし人生が好転するのなら、上手く利用するのが得策と考えています。

そこで今回は、2017年に先駆けて、何か新しいことを始めようとするのに最適な日をお知らせします。

 

 

一粒万倍日と天赦日

 

f:id:wwptalk:20161127005116j:plain

 

 

日本の暦注(暦に記載されている、日時や方位などを見る吉凶と、その日の運勢など)は、様々な学問(六曜、七曜、十二直(中段)、二十八宿、九星、その他諸々)から成り立っています。

どれも人の未来を予測するために作られたように思えても、その実は天体観測を基にしたデータでしかありません。

こう言っては身も蓋もありませんが、天文学も占星術も起源を同じくするので、とりあえずは「学問」としておきます。

 

にわかに全ての事柄(上記の学問において)を信じるのは早計とは言え、データとして捉えるのなら、知っておいても損にはならないはずです。

口伝や伝承ほど曖昧なものはありませんが、ことデータとなればいささか信憑性が出てきます。

中には迷信めいたものもあるのですが、「鰯の頭も信心から」などと言う通り、信じて行動を起こすことは、もはや占いやオカルトとは違う力を持つことになります。

 

そこで、行動を起こす際に、信念の糧、もしくはエネルギーの元になるモノを調べてみると、やはり上記の学問におけるデータが役に立つことが分かりました。

 

今回ご紹介するのは、一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)と天赦日(てんしゃび)です。

一粒万倍日とは、たった一粒の籾種(もみだね)が育つことでその何万倍もの収穫が得られることから、一粒百花を意味し、即ちほんの少しのことでも怠らずに行うことを喩えた言葉です。

そもそもは仏教用語で、報恩経に記載されています。

 

天赦日とは、

 

天が万物を養って、罪を赦す日とされ、何事にも大吉とされています。この日には、百神が天に会合する日であって、万事に忌む必要が無いといわれ、天の恩恵によって何事にも障害が起こらない大吉日です。

 

と言われています。

百神が何を指すのかが分かりませんが、とにかく良い日としておきましょう(そもそも誰に赦してもらうのが分かりません)。

暦が中国から伝わったので、八百万の神やGOD(キリストやアッラー)とはまた違うのかもしれませんね。

 

何がそんなに良い日なのかと訊かれれば、それは算命学や易学を紐解かねばならず、結構説明が難しいです。

多くのサイトでは、小難しい説明は省いて、「この日は物事を始めるのにとてもいい日です」と言うに留めているようです。

確かに、二十四節気の解説をしようとすると大変ですし、よほどの専門家でない限りは無理でしょう。

 

ということで、ここでは単に「吉日」としてお伝えするに止めておきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

最高の日が重なる日

 

上でお話した一粒万倍日天赦日は、サイトのどこにでも落ちている情報です。

どのサイトでも、伝えていることは大同小異と言ったところで、言葉の由来も何もあったものではありません。

しかしながら、もしこの吉日が重なれば、それは思いもしない幸運に見舞われることは容易に察しが付きます(飽くまでも超自然的な力が働くと仮定してです)。

 

結論から申し上げると、

今年最後の天赦日12月8日(木)です。

しかも、一粒万倍日と重なる日です。

吉事を行うには、最適の日かと思います。

 

ただし、借金や人に物事を頼むにはよくない日です。

小さな金額が、大きく膨らむ恐れがあります。

 

 

終わりに

 

今回はただの告知であり、この続きは11月28日(月)にアップします。

どうぞお期待下さい。

 

ところで、最近は映画に関するレビューをしていないような気が……。

この冬におススメするのは、何と言っても「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」です。

 

 

なかなかの出来です。ポッターとはまた違ったお面白さです。

wwptalk.hatenablog.com

 

広告を非表示にする