さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

未来人の予告2017!1月31日に再び大地震は起こるのか?

結論から言えば、地震は必ず起こります。

日本地震学会のデータによると、体感できる地震は年に1000~2000回あり、ほぼ毎日発生していることになります。

以上の結果からも、日本の何処かで地震が起こることを言い当てるのは、年端の行かない子供にも可能です。

 

ただ、どれほどの規模で起こるのかは検討も付きません。

2ちゃんねるでは、“未来人”と呼ばれる人物が、いくつかの大地震を予告(?)したことで話題になりました。

むしろ、この日本では、地震の起こらない日を予測する方が難しく、未来人の予告などは全く当てになりません。

 

とは言え、地震観測者でさえ、2015年に起こった熊本の地震があれほどの規模になるとは予想すらできませんでした。

もっとも、熊本地震は人工的に起こされた地震だとする説もありますが、依然として真相は不明です。

ただ1つ明らかなのは、あの地震によって多くの方が被災されたという事実です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

そのお騒がせ未来人が、再びこの時代に訪れるそうです。

日時は2月の1日らしく、その前日に当たる1月31日に、地震が起こるのではないかとウワサされています。

事実か否かは別にして、なぜ1月31日に地震が起こるとされているのかを調べてみました。

 

今回の記事も、ただの他愛もないネタ記事です。

けっして、真剣には読まないで下さいね。

 

 

未来人の来訪

 

f:id:wwptalk:20170128220650j:plain

さしずめ、この未来人の「世界」といったところでしょうか。

 

 

現在のあなたは、1分前のあなたから見れば未来人に違いありません。

屁理屈ですが、事実です。

前述した未来人は、今から数10年後の2062年からやって来るそうです。

 

オカルト好きな人にとってはたまらないネタなのでしょうが、多くの現実主義者にとっては、ただの世迷い言にしか過ぎません。

ただし、いつかの記事でもお話しましたが、全てのオカルト現象を否定することは不可能であり、少しはあり得るのかもしれません。

その45年後の世界からやって来る男性は、これまでにも度々不思議な予告を残していきました。

 

予言は、常に比喩や暗号めいた数字の羅列で行われますが、それを行った人よりもむしろそれを解読した人の方が賞賛されるべきだと思います。

話題の未来人も、2011年に起こった東日本大震災を予告する際には、ある不可解な暗号を用いていました。

それが偶然か、それとも何らかの法則があったのかは知る由もありませんが、彼の残した文章を解読すると、「ヤマニノボレ」となったそうです(これは暗に津波を意味していたと言われています)。

 

彼は、何かの研究目的で現代に訪れているそうですが、なぜか2ちゃんねるのオカルト板でしかコンタクトできません。

さらに、出没先を頻繁に変えるらしく、タイムマシンだけではなく瞬間移動のための装置も携帯しているようです(私の想像)。

彼は単独で行動しているのではなく、数人でチームを結成して現代を探訪している様子です。

 

 

地震とそれ以外の予告

 

ある意味、ノストラダマスの予言と同じで、残された記述(ほぼ暗号です)を解読した結果が予告に繋がり、彼自身が明確に出来事を伝えたわけではありません。

しかも、予告は自然災害だけには収まらず、未来のテクノロジーや時事に関するものまであります。

2016年のアメリカ大統領選挙についても言及していましたが、これは見事に外れていました。

 

そもそも彼は、これから我々に起こる未来を知っているのですから、それは予言ではないわけです。

しかしながら、この未来人は、「アメリカの大統領はヒラリー・クリントンになる」と言いました。

アメリカでは今やトランプが政権を握っており、何らかの理由で大統領が続けられなくなれば、その後は副大統領のマイク・ペンスが取って代わります。

 

ヒラリーの大統領としての出番は失われたはずですが、この未来人はアメリカの新大統領はヒラリーだと公言しました。

この先、アメリカでは国を二分する何かが起こり、トランプに対してヒラリー政権が発足するのかもしれません(それは、おそらくないでしょう)。

これだけでも胡散臭さは山盛りですが、未だにこの未来人を本物と見ている人もいるようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

話を地震に戻すと、未来人を名乗る男性がダイブ(時間を超えて現代に遡ることをこう表現しています)を行う日時には意味があり、それは決まって自然災害が起こる翌日でした。

しかし、上でも言ったように、彼の口から明確な理由や目的が告げられたことはなく、日時だけを言ったに過ぎません。

たとえば、

 

Q.未来人さんに、行き先を“2010年11月”という瞬間に選んだのか
意味があるなら教えてください


A.理由は言う事が許されない。しかし、2010年11月だけではない。
今回の任務が完了したら2016年4月15日へ行く。また会えたらいいな。
(2010/11/16)

 

と、このような会話が残されています。

2016年4月15と言えば、熊本地震が起こった翌日でした。

さらに、2011年に起こった東北地震の時は、

 

Q.あなたの時代までにあった歴史に残るような大きな自然災害(2011~2062年)を
いくつか教えてください


A.自然災害に関しては、言う事が許されない。人口動態変化に繋がる事は言えないのだ。
ただし、忠告しておく。yあ 間 N意 埜 b於 レ
(2010/11/14)

 

この 「yあ 間 N意 埜 b於 レ」と書かれた文言が、「ヤマニノボレ」と読まれたのです。

この時点では日時は明かされず、この数ヶ月後に東北は震災に見舞われました。

日本がこの未曾有の災害に右往左往していた時期に、未来人は再び現代にトリップしてきました。

 

Q.今後また大きい地震くる?


A.地震に関しては、本当に申し訳なかった。
あれが私が出来る範囲の最大限の警告だったのだ。
大きな地震に関しては許される範囲内ならば答える。
(2011/7/22) 

 

日付は、地震が起こった4ヶ月後になっています。

勿論、同じ人物が書き込んでいるのかも分からず、これが予告にせよ警告にせよ、起こった事象について語ったとする確証は何一つとしてありません。

ただ、偶然(これはメッセージを受け取る側の解釈によります)にしてはでき過ぎているのがいささか気になるところです。

 

 

終わりに

 

未来人がリアルかフェイクかなどはどうでもいいことですが、思わぬ災害に人々が苛まれるのは放っておけません。

未来からやって来たのなら、現代の歴史に干渉すればパラドックス(矛盾)が起こるのかもしれません(史実を変えないためにも、未来人はなるべくこの時代に干渉することを避けているようです)。

ですが、回避できない自然災害をちらつかせて人心の恐怖を煽るなら、初めから口をつぐんでおけばいいと思います(救う気もなく、意味のない警告をされても対処の仕方に困るというものです)。

 

いずれにせよ、何処のどいつかは知りませんが、下らぬいたずらが過ぎるようです。

ログを調べてとっ捕まえてやりたいところですが、こんなことで司法が動くとも考えられず、今後もこの手の悪ふざけは跡を絶たないことでしょう。

ただ、地震はいつ何処に起きても不思議ではないので、万が一に備えておくのはやぶさかではありません。

 

未来人の話は信じなくても、この人物がデマゴークによる内乱を画策しているだとか、アメリカによる陰謀説を唱える人もいるようですが、どちらにしてもナンセンスです。

たとえそうだとしても、それをあなたや私がどう変えることもできません(先ず立証できませんからね)。

オカルティックなことや都市伝説的なことも少なくありませんが、あまり気を取られないようにしたいものです。

 

あるサイトでは、「日本人は養鶏場の鶏と変わらない」と言っていましたが、言い得て妙ですが、まんざら的が外れているとも思いません。

ただし、その現実に気付き、いざ対峙したとしても、小さな力ではただ飲み込まれてしまうだけです。

韓国の反日思想が正常な思考すら飲み込んで行くように、数には勝てません(だからAKB48はアイドルとして成り立つのです。たとえブ◯◯クの集団でも)。

 

異常な世界を変えようとするよりも、あなたが変わって、あなたの周りから正常な意識を育てるしかないようです。

2017年1月31日に何が起ころうと、あなたがあなたでいることに変わりはありません。

心配は無用です。

 

後一つ、予告と予言の違いですが、予告が既に知られている情報を伝えるのに対して、予言は未来のまだ知られていないことを伝える(言い当てる)ことです。

未来人には、この時代で起こる災害は分かっているはずなので、この場合は予言ではなく予告になるはずです。

多くのサイトでは、この件に関する記事のタイトルを「予言」としていますが、未来人がしているのは「予告」です(それすらも不正確ですが)。 

 

 

せつぶんも架空の話ですが、こちらの方が百倍も可愛気がありますね。

wwptalk.hatenablog.com

 

広告を非表示にする