読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さて、いかがなものかと?

暮らしに役立つ情報をメインとし、超常現象や都市伝説、さらに新作映画のレビューを掲載しています。

トム・クルーズ主演映画「ザ・マミー」を見るべき三つの理由?!

時の立つのは早いもので、あの「トップガン(Top Gun)」から31年が過ぎました(今回の投稿も久しぶりです)。

トム・クルーズを思い出す度に、ケニー・ロギンスの歌うデンジャー・ゾーンが、今も耳の中でこだまします。

それほどの演技力があるわけでもないのに、この30年の間、ハリウッドの第一線を走り続けているトムさんが、またまた新作映画を引っ提げてやって来ることになりそうでう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

役者でも、主役がある程度の年齢になれば、新鋭の俳優が抜擢されるはずですが、トムさんだけはまだ現役を続行中でございます。

今回は、ハリウッド映画の中でも伝統と目されているホラー作品、「ザ・マミー(The Mummy)」についてお話ししましょう。

日本でマミーと言えば、乳酸菌飲料を思い出しますが、英語ではミイラを意味します。

 

さて、どんな映画となるのでしょうか?

 

 

トム・クルーズ主演映画

 

f:id:wwptalk:20170418155844j:plain

 

 

トムさんの主演作と言えば、「卒業白書(Risky Business)」から「MI:ミッションインポッシブル」まで、ほぼ全ての映画が話題になりました。

一見、アクション俳優のようですが、「7月4日に生まれて(Born on the Fourth of July)」のような、アクションとは無関係な映画にも出演しています。

29年前にダスティン・ホフマンと共演した映画、「レインマン(Rain Man)」は、当時アカデミー賞4部門を獲得しました。

 

数々の映画賞にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞では3度の栄冠に輝いています。

本質的にはアクション俳優ではなく、若者向けの作品で名を上げた、トレンディ俳優でした。

賞を取るほどの実力を持ちながらも、オスカーまでには今一歩手が届いていません(3度のノミネーション)。

 

とは言え、「アウトサイダー(The Outsiders)」ではただ吠えていただけの男の子が、その五か月後には、アメリカ中の若者を熱狂させるニュースターへと変貌します。

その後は、ただスター街道をひた走り、「トップガン」で不動の地位を築くのでした。

個人的に好きな作品は、「ザ・エージェント(Jerry Maguire)」です(ある意味、トムクルーズらしさが滲み出た作品です)。

 

そんなトムさんが、また新しい作品で主演することになりました。

実は、2017年には2作品が公開されるのですが、今回ご紹介する「ザ・マミー」の方が少し先になる予定です。

日本でも絶大な人気を誇る彼だけに、この映画もヒットが期待されています。

 

 

「ザ・マミー(The Mummy)」はミイラです

 

日本でミイラ映画と聞けば、「ハムナプトラ」を思い出すところです。

ところが、ミイラが登場する作品は、ドラキュラ、狼男、フランケンシュタインなどと並んで、ハリウッドの伝統的なホラー映画として扱われています。

実際に、ユニバーサルスタジオで作られた過去の伝統的ホラー作品のメインキャラクター(ミイラ、ドラキュラ、狼男、フランケンシュタイン)は、作品の枠を超えて、どの世界にも登場することができるようになりました。

 

それはあたかも、マーベル作品(マーベル・シネマティック・ユニバース:Marvel Univers)の中で、それぞれのヒーローがどの作品にも自由に登場できるのと似ています。

ユニバーサル初の試みは、2013年に発表されてから、2017年に公開予定の「ザ・マミー」でようやくスタートを切ることになりました。

今後は、ジョニー・デップが透明人間を演じたり、ラッセル・クロウ扮するジキル博士が登場したりします。

 

ここ最近、ユニバーサル・ピクチャーズは、マーベルやディズニーに多少水を開けられた感があり、その距離を埋めるためにも新しい構想が必要だったのでしょう。

そこで、ホラーを生み出すクリーチャー(モンスター)の世界観を統一し、時代やストーリーを超えて、どの作品にでも登場可能にしたのです。

マーベル・コミックスでは、ミッドガルドのような異世界でさえ、時空を超えて行き来できます。

それからすれば、同じ地球に棲むモンスターが、同じ空間を分かち合うのは不思議ではありません。

 

たとえ、古代エジプトに作られたミイラとは言え、現代の博物館で展示されている限りは、現代に甦ったとしても辻褄は合います。

そもそも、ホラー作品そのものが荒唐無稽な創作なので、そこに何が登場しても驚きではありません。

ただし、ミイラがフランケンシュタインと戦うとか、「パシフィック・リム」程度の安っぽい映画にはなって欲しくはないですが。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

「ザ・マミー」を見るべき三つの理由

 

f:id:wwptalk:20170418155721j:plain

 

 

まず、一つ目の理由は、今作がトム・クルーズによる三本目のホラー作品に当たることです。

もっとも、一本目は「レジェンド/光と闇の伝説」でしたが、これはファンタジー色の濃い作品でした。

二本目の「インタビュー・ウイズ・ヴァンパイア」では、トムさん自らがヴァンパイアに扮するなど、それまでのイメージを一掃するような、チャレンジ精神旺盛な作品として知られています。

 

しかし、今作ではただの人間でありながら、現代に甦った魔力を扱うミイラに立ち向かいます。

常識的に考えれば敵わないはずですが、どのようにして戦うのかに興味がそそられますね(とは言え、この映画でもトムさんは元兵士の役ですが)。

体術を駆使して倒せるような相手ではなく、スパイ色を封印した中でのアクションが、また見ものです。

 

二つ目の理由は、この作品を書いたのが、「プロメテウス」、「パッセンジャーズ」、それに「ドクター・ストレンジ」の脚本家である、ジョン・スペイツ(Jon Spaihts)氏の手によるからでしょうか(?)。

今、ハリウッドで最も注目されているスクリーンライターの一人であり、上昇気流の真っ只中にいるヒットメーカーです。

近い将来、必ず売れると期待される映画のシナリオばかりを集めたリスト(ブラックリスト)に名前が載ったことで、一躍脚光を浴びた作家でもあります。

 

さらに、もう一人のシナリオライターとして参加している、クリストファー・マッカリー(Christopher McQuarrie)氏。

彼は、「ジャック・リーチャー」や「オール・ユー・ニード・イズ・キル」など、今やトムさんの映画にはなくてはならない存在です。

1995年作の「ユージュアル・サスペクツ」では、アカデミー脚本賞の栄誉に輝き、2018年公開予定の「MI:6」でも脚本家を務めています。

 

三つ目の理由は、主演女優であるソフィア・ブテラさんの存在です。

彼女は、スタートレックシリーズの最新作、「スター・トレック BEYOND」で、エイリアンの女性戦士であるジェイラを演じて好評を博しました。

特殊メイクを施しての役が多いようですが、身体能力の高さを生かして行う演技には定評があります(5歳からバレーの英才教育を受けていたそうです)。

 

2014年に公開されたスパイ映画、「キングスマン」では、敵方の女暗殺者を演じていました。

コケティッシュな容姿ながらも、顔色一つ変えずに相手の命を奪う姿には、さすがに嫌悪感を覚えたものです。

その彼女が、今作ではトムさん相手に戦う、妖艶なミイラ(包帯を巻いていないミイラのようです)に扮しています。

 

監督は、「People like us(日本未公開)」以来、映画では二作目のメガホンをとる、アレックス・カーツマン(Alex Kurtzman)氏が行いました。

彼は、監督としてよりも、脚本家やプロデューサーとしてのキャリアが長い映画人です。

テレビシリーズ「ハワイ50」や、「アメイジング・スパイダーマン2」、さらに「トランスフォーマー」の初期作でもプロデュサーを務めました。

 

この映画の見どころは……、それはトレーラーを見て想像していただくのが良さそうです。

この下に英語版のトレーラー(この方が迫力がある?)を載せておきますので、どうぞ楽しんで下さい。

「ハムナプトラ」はまだコミカルさの残るファミリータイプの映画だったのに対して、「ザ・マミー」はストイックなホラーファンを魅了する作品(?)と言えそうです。

 

 

終わりに

 

f:id:wwptalk:20170418155627j:plain

 

 

「アメリカン・メイド(American Made)」の公開を2017年の9月に控えて、「MI:6」は、このまま順調に行けば、2018年に公開の予定です。

「ザ・マミー(The Mummy)」は、2017年の6月9日にオープンが決定しており、今後は日本での公開が待たれます。

ハリウッドスターとしては、最も来日回数の多いトムさんですが、55歳(7月3日生れ)になる今も、その人気に衰えは見られません。

 

トム・クルーズ主演最新映画、「ザ・マミー(The Mummy)」は、その理由に関わらず、ファンの期待を裏切らない作品、かもしれません。

日本での公開に、乞うご期待!

 

 

画面が小さいときは、右斜め上にある「>」をクリックして下さい。

 

 

こちらはこの夏おすすめのホラー作品です。

wwptalk.hatenablog.com

 

アメリカでは現在公開中ですが、なかなか苦戦しているようですね。

wwptalk.hatenablog.com

 

保存

保存

保存