さて、いかがなものかと?

ジャンルを問わず、好きなことを好きに書きます。

中秋の名月でも満月ではないお月様☆今度はいつ月に行く?

2017年10月4日は、中秋の名月とされています。

しかしながら、案の定満月ではありません(これはいつものことのようです)。

さて、今宵のお月様はどんなお顔をされているやら?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

中秋の名月が満月ではない理由

 

f:id:wwptalk:20171004204910j:plain

 

 

日本人の大好きな、秋の夜空を飾る名月ですが、悲しいかないつも満月とは限りません。

どうして、こうまで満月にこだわるのかは分かりませんが、陽の光を浴びながら闇夜に浮かぶ姿は、それは幻想的なんでございましょう。

もっとも、かぐや姫やウサギが暮らす世界ですから、ロマンチックであって欲しいと願うわけです。

 

そもそも、この中秋の名月ですが、誰がどうやって決めたものなんでしょう?

ここからは、日本気象協会さんからの記事をお借りして、その真相をお話ししたいと思います。

 

中秋の名月十五夜と呼ぶのは、太陰太陽暦と関係があります。中秋の名月太陰太陽暦(旧暦)の8月15日です。
旧暦では、月の満ち欠けを基に暦をつくりました。旧暦の1カ月は、月が地球の周りを1周する日数と同じです。つまり、新月が次第にふくらみ満月となり、やがて欠けてまた新月となっていく──。そのサイクルが約29.5日であることから、旧暦の1カ月は29日か30日と決められていました。

そして、その半分である15日の夜の月は、満月=十五夜と、呼ばれるようになったのです。
ただし前述したように、月のサイクルは30日ぴったりで地球を一周するわけでないことや、月の軌道が楕円であることなどにより、実際の満月は1日か2日ずれることが多いのです。今年の場合、実際の満月は10月6日。中秋の名月は満月一歩手前の月なのですね。

 

さすがに、気象の専門家さんが揃っているだけあって、文章に淀みがありません。

要するに、暦の上で決めた日数と月が地球を回るサイクルが若干ずれることによって、満月が月半ばではなくなるわけです。

自然は、やはり人間が思ったようには動いてくれない、という顕著な例ですね。

 

とは言え、二日後の6日には、それは見事な満月が見られます。

スーパームーンではないのが少し残念ですが、晴れれば綺麗な満月と目が合うことでしょう。

ちなみに、今年下半期のスーパームーンは、12月4日に当たります。

 

日付が変わった0時47分に、最も地球に接近する予定です。

2017年最後の天体ショーは、スーパームーンふたご座流星群によって幕引きとなるでしょう。

それはそうと、ここ近年、人類が宇宙には行っても、月を探査することはなくなりました。

はたして、何か理由があるのでしょうか?

 

 

月には二度と行かない人類?

 

f:id:wwptalk:20171004205545p:plain

今年は少し早かったかな?

 

 

アポロ計画の話をすると、色々と面白いストーリーが飛び出します。

陰謀説に捏造説、他にも様々な説が湧いてきます。

内容はあなたご自身で調べていただくとして、今回はなぜ月に行かなくなったのかを、少し想像力を膨らませて考えてみました。

 

おそらくは、昔ほど危険を冒してまで行う価値が見出せないから、ではないでしょうか。

たとえ月に行けたとしても、無事に帰れるのかどうかも分かりません。

さらに、資源が眠っているとはいえ、それを運ぶのは至難の業です。

 

ほぼ、何もすることのない月面に、命を懸けてまでランディングするのは割に合わない?

移住するにせよ、食料や居住地、テラフォーマーには莫大な資金がかかるから?

月に住むことで得られるメリットは?

 

その理由はまちまちですが、やはり「予算」の問題が根本にありそうです。

今や、人類の目は火星に向いており、「安くても目的の曖昧な国内旅行(月)より、高くても得るもののありそうな海外旅行(火星)」がいいのでしょうね。

金はかかっても、夢と実用性に富む星と言えば、やはり火星ですから。

 

ある意味、月は見捨てられた古代の遺物。

見ているだけで心を癒す、ヒーリング・オブジェとなってしまったのかもしれません。

もっぱら、月に向かって財布を振るとか、水晶の浄化に使われるのが関の山かと。

 

そんな悲しい月だからこそ、中秋にはお団子の一つも添えて、愛でてあげるのがせめてもの優しさ、なのかもしれませんね。

人類が月と地球の間を往復する日は、さてさてやって来るのでしょうか?

 

 

終わりに

 

いずれにせよ、10月6日には真ん丸お月様が見られます。

中秋とは、いささかかけ離れたようですが、ちょうどしのぎやすくなった時期でもあり、この際は金曜日の月をご覧になってはいかがでしょうか。

週半ばで杯をあおるより、週末に心行くまで楽しむ方が良さそうです。

 

私は、水曜日の満月よりも、金曜日の満月が見たい気がします(理由などナッシング)。

 

 

こちらは無料の電子本です。ダウンロードして読んで下さい。いいことが書かれいています。

自由な人生を手に入れる教科書