さて、いかがなものかと?

ジャンルを問わず、好きなことを好きに書きます。

映画「ジャスティス・リーグ」スーパーマンは生き返るのか?

DCコミックが推す2大巨頭と言えば、スーパーマンバットマン

この2人さえ出ていれば、映画は間違いなくヒットする。

前作の「バットマンVSスーパーマンジャスティスの誕生(Batman v Superman: Dawn of Justice)」でも、オープニングから1億ドルを超える興行収益を叩き出した。

 

スーパーマンの方が、わずかに一年ほど早く描かれたが(1938年)、どちらもヒーロー界ではレジェンドとなる存在だ。

いくらアイアンマン(iron man)が人気者でも、歴史的にはこの2人に敵わない。

クリプトナイトさえ使われなければ、アベンジャーズにすら勝ち目はないというものだ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

そんなDCコミックのヒーローが、再度集結することになった。

しかも、今回は彼ら2人だけではなく(おおっと、スーパーマンは生き返るのかまだ分からない)、これまでに登場した脇役ヒーローも引き連れて現れる。

2017年夏のヒット作、「ワンダーウーマン(Wonder woman)」も帰って来て、何が起こるのか気がかりで仕方がない。

 

今作、「ジャスティス・リーグ」の、見どころについて話してみたい。

さて、スーパーマンは生き返るのか、ストーリーを見てみよう。

 

 

登場するキャラクター

 

f:id:wwptalk:20171014203513j:plain

 

 

前回の「バットマンVSスーパーマンジャスティスの誕生」と同様に、今後制作(すでに制作された)される映画のヒーローを、それほどフォーカスすることなく出演させている(前作では、ワンダーウーマンがこれに当たる)。

アクアマン(Aquaman)は2018年の公開予定だが、「ジャスティス・リーグ」では主要メンバーの一員だ。

フラッシュ(Flash:個人的にはいなくてもいいヒーロー)も、テレビシリーズとは違う役者(エズラ・ミラー:Ezra Miller)でお目見えする。

 

これは、近くいくつかの新ヒーローが映画化される告知でもあり、なかなかに目を楽しませてくれる。

とは言え、ヒーローは圧倒的パワーを持つのが普通であるが、ワンダーウーマンを除いては、他はどうにも心もとなく感じてしまう。

特に、最年長(ワンダーウーマンの方が年上だが)のバットマンは、科学力を取ったらただのオジサンでしかなく、これでビラン(しかも神を名乗る悪)に立ち向かえるのかが不思議でならない。

 

ジャスティス・リーグ」では、ワンダーウーマンにスポットを当てながらも、サブリミナル的に他のヒーローを目立たせたい考えだろう。

ただ、悪の軍団は思いのほか強く、彼ら4人が集まったところで太刀打ちできるレベルではない。

そして、あまりクローズアップされていないが、ビランとなるステッペンウルフ(Steppenwolf)は、ドゥームズデイにも劣らない、視聴者の想像を絶する破壊力を有する。

 

さらに、今作でもサイボーグが出て来るが、これはスピンオフ作品として、2020年の公開が決定している(役者は同じ、レイ・フィッシャー:Ray Fisher)。

テレビシリーズ(アニメ)ではなかなかの好評らしく、結構な人気のようだ。

ギャングの抗争で肉体の半分を失った息子に対して、科学者である父がテクノロジーを駆使して新しい体を作ったのが、このサイボーグだ。

 

他には、ジョニー・デップと泥沼の訴訟合戦を繰り広げたアンバー・ハードが、「ジャスティス・リーグ」では、ちゃっかりメラ(アクアマンの妻)役で出演している。

パイレーツ・オブ・カリビアンがディズニー作品だったから、マーベル作品には出られずに、DCに生き残りをかけたのかもしれない。

2018年公開予定の、「アクアマン」にも登場する。

 

とりあえず、話題の映画だけに、これを機にブレイクしようとする俳優が、これでもかと詰め込まれている。

ただし、主役に絡む数人の俳優は、評判ほどには演技ができない。

あながち、期待過剰で、失速する可能性は無きにしも非ずである。

 

 

この映画の見どころ

 

f:id:wwptalk:20171014203608j:plain

 

 

視聴者の期待するのは、何をおいてもワンダーウーマンの活躍と、バットマンの役どころ、それにスーパーマンだ。

スーパーマンについてはもう少し後で語るとして、その他のキャラクターを、もう少しフォーカスしてみよう。

今作は、地球に前回(ドゥームズデイ)以上の危機が訪れることになり、現在のヒーローがいくら頑張っても勝てそうにないのが、面白さでもある。

 

相手は、ビランとはいえ神なのだ(少なくともそう描写されている)。

太刀打ちできるのは、デミゴッドであるワンダーウーマンのみ。

しかし、それも多勢に無勢で手に余る。

 

そこで、それぞれのヒーローが、それぞれの能力を使って対抗するわけだが、いかんせん相手は未知の宇宙人。

やることなすこと歯が立たず、地球はほぼ悪の手中に納まる。

今回登場するステッペンウルフは、もとはと言えばスーパーマンの敵であり、全宇宙を支配下に置こうとする悪の枢軸だ。

 

アニメではお馴染みでも、映画では初登場となり、今作をきっかけに今後もちょくちょく出て来るかも知れない。

もし、見どころとして第一に挙げるなら、ステッペンウルフをおいて他にはない。

この宇宙人が、どのような悪魔的力を持つのか、またワンダーウーマンよりも強いのか、その辺りが非常に気になる。

 

ワンダーウーマン」では、彼女の本気が出ていなかった。

時代設定もかなり古く、彼女の神がかり的な力は十分に発揮されておらず、どのような能力があるのかも知らされてはいない。

バットマンVSスーパーマンジャスティスの誕生」でも、その片鱗はのぞかせたが、まだまだ視聴者が満足するレベルではない。

今作での、ワンダーウーマンの真の実力が見ものだ。

 

もう一つ、DCユニバースにはグリーンランタンがいるはずだが、今回は登場しないようだ。

ライアン・レイノルズを起用したくなかったのか、それともそれほど人気がないヒーローなのか、いずれにせよグリーンランタンの出番はない。

キャラ的には弱い気もするが、本来のジャスティス・リーグにはなくてはならない存在だ。

 

個人的には、他のヒーローにはあまり触れたくない。

アクアマンには心が惹かれないし、サイボーグもフラッシュも、主役としてはあまりにも弱い。

ガル・ガドットの、演技と台詞には集中したいが、ストーリーには直接関係ないキャラが多過ぎて、全体的にうすぼんやりとはしないかが心配だ。

 

 

ところでスーパーマンは生き返るのか?

 

生き返ってもらわなければ困る。

スーパーマンがいなければ、肉抜きでバーべキューをしているようなものだ。

野菜ばかり食わされていては、それこそ腹は満たされない。

 

ベン・アフレックバットマン役不足なのを考えれば、スーパーマンでしっかりと締めてもらわなければ、今後の作品の興行にも関わる。

いくら「ワンダーウーマン」がメガヒットを記録したとはいえ、先すぼみになるのは想定の範囲。

やはり、ここはスーパーヒーローが生き返るのを願って、DCワールドを盛り立ててもらわねば。

 

前作では、スーパーマンは亡くなったことになっている。

クリプトナイト製の槍で貫かれ、ドゥームズデイと共に息絶えた、はずである。

しかしながら、エンディングでは、いかにも生き返りそうな余韻を残して終わっている。

 

今回、再登場をするのなら、どの辺りでどのようにして、蘇ってくるのかが見ものと言えよう。

トレーラーでは、バトラー役のジェレミー・アイアンが、いかにもそのようなシーンを演じているが、やはり生き返るのであれば、それはセンセーショナルであって欲しい。

ちょっと度肝を抜かれるような、これまでには見たこともないスーパーマンに、帰ってきてもらいたいものだ。

 

YouTubeには、ファンが作った面白い動画がアップされているので、ここにご紹介しておく。

一度埋葬されたスーパーマンが、生き返ってドゥームズデイを倒す動画だ。

クオリティーには少々問題が残るが、当初見たときは驚かされた。

 

ジャスティス・リーグ」も、これに負けない面白さであって欲しい。

 

 


SUPERMAN: DOOMSDAY - JUSTICE (Fan film 5 of 5)

 

 

終わりに

 

f:id:wwptalk:20171014205137j:plain

 

 

スーパーマン役は、何かと不幸に見舞われることが多いそうだ。

中でも、クリストファー・リーブの話は有名だ。

他にも、スーパーマンを演じたことで、他の役ができなくなった俳優も多数存在する。

 

実生活の上では、それほど不吉なキャラクターでも、ファンはスーパーマンに憧れる。

今回の「ジャスティス・リーグ」においても、やはりスーパーマンがいなくては始まらない。

どんな生き返りを遂げるのか、またどう変化しているのかに興味が集まる。

 

映画「ジャスティス・リーグ」は、11月23日(木)の公開予定だ。

 

 

 

 

最後に、これはアニメだが、「ジャスティス・リーグ・ダーク(Justice League Dark)」があるのをご存じか?

 

 

 

 

Amazonのベストセラー電子書籍を無料で手に入れる