さて、いかがなものかと?

ジャンルを問わず、好きなことを好きに書きます。

感謝こそが絶対不変の成功法則!癒しにもなり一石二鳥!

折しも、「感謝」について書こうと思っていたら、今週のお題が、「私の心を癒してくれるもの」だった。

癒しの方法にもいくつかあるが、他者に頼らずに癒されるのなら、それに越したことはない。

わざわざ、パワースポットに出かける必要もなければ、その場限りの「優しい言葉」に耳を傾けるまでもないからだ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ペットはなるほど癒しになるが、これも他力本願と言えそうで……。

人間には、自浄作用や自然治癒力が備わっており、自らを癒す力は持っている。

私にとっての最高の癒しとは、「感謝」することに他ならない。

 

25歳からでも一週間で身長を伸ばす8つの方法&長身トリック

 

 

心理学でも立証された「感謝」の力

 

f:id:wwptalk:20171025201928j:plain

 

 

心理学者(ロバート・エモンズやマイケル・マッカロー、それにベン・シャハーなど)の研究によれば、毎日感謝の気持ちを5つ書き出すだけで、確実に生活が好転するとしている。

グループを二つに分けて実験したところ、「感謝」の気持ちを書き出したグループは、日々の生活に充足感が得られ、最終的に暮らし向きが良くなった。

相対するグループでは、残念ながら期待するだけの結果は見られなかった。

 

 

f:id:wwptalk:20171025195551j:plain

感謝の影響日誌(縦の線が幸福感で、横の線が感謝する練習を始めた経過日)

 

 

「感謝」とは、本来は自然に生じる感情であり、人為的に作り出すものではない。

しかしながら、被験者に感謝の気持ちを書き出す練習をしてもらったところ、誰もが幸福感を得られるまでになった。

この「幸福」を感じることこそが、何事にも代えがたい「癒し」ではなかろうか。

 

しかも、他者に依存する必要などもなく、全てが自身のうちで完結する。

たとえ、不満で溢れたような社会でも、常に何かに「感謝」できる気持ちがあれば、心は自然と癒されて行くようだ。

 

 

感謝の力を最大限に発揮する方法

 

f:id:wwptalk:20171025202519p:plain

 

 

「感謝の力」の恩恵にあずかりたいのなら、まずは「あたりまえ」なことに目を向けてみるといい。

「スマホは使えてあたりまえ」、「蛇口から水が出るのはあたりまえ」、「電車はダイヤ通りに来てあたりまえ」などなど、日々のごく「あたりまえ」とされる出来事に感謝してみることだ。

今は「あたりまえ」でも、ひとたび自然災害に見舞われれば、普通は普通ではなくなり、異常が普通に取って代わる。

 

そんな時、普段はありがたみも感じないコンビニが、途端に救世主に思えてくるものだ。

狭く小汚い部屋であっても、雨風をしのげることに涙するかもしれない。

それまでは身近にあった「あたりまえ」に、まずは感謝できるだろう。

 

そこで、身近にある「あたりまえ」に感謝ができるようになれば、次はその気持ちを書き出してみよう。

真新しいノートを用意し、今日感じた「感謝」を文字に書き記すのだ。

ノートには、「このノートに書いたことは全て実現する」と、明記しておくといい。

 

それがどんなささいなことでも、少しでも「感謝」できるのなら書いておく。

書く場合のルールだが、けっして皮肉は書かないようにする。

たとえば、一時期流行った「幼稚園落ちた、行政に感謝する」など、ネガティブ意識とポジティブを同居させてはいけない。

 

書くのなら、「今日も五体満足でいられたことに感謝する」とか、「洗濯物が早く乾いた、ありがとう」とか、一見愚にもつかぬような内容で構わない。

感謝の気持ちを重ねることで、あなた自身がどのような生活環境に置かれていようと、それを脱却できる力を身に付けることができるのだ。

要するに、何事にも「感謝」する心を育めば、人生は自然と好転するのである。

 

だまされたと思うからやってみる???

 

 

「感謝」こそが絶対不変の成功法則

 

f:id:wwptalk:20171025202002j:plain

 

 

世の成功者たちは、おそらくは一人の例外もなく、日々の生活に「感謝」していることだろう。

あのドナルド・トランプ氏でさえも、彼をあそこにまで押し上げた、不動産業には感謝しているはずである。

その他の事については定かではないが、スタッフや家族には、いくばくかの「感謝」の念を忘れてはいまい。

 

ウォーレン・バフェット氏や亡くなったスティーブ・ジョブズ氏も、日々の生活や家族には多大な感謝を示している。

感謝することが自浄作用(癒し)なら、彼らはストレスですらも自身で解消しているわけだ。

世界的に影響力を持つ多くの成功者も実践しているのなら、やはりそれ相応の効果が期待できるのだろう。

 

「感謝」によって得られる力は、今や絶対不変の成功法則と言えそうだ。

 

これからは、Hな奴ほど頭が良くなる!?

 

 

 終わりに

 

とは言え、知ったかぶりで話してみても、全ての事に「感謝」するまでには時間がかかる。

もしも、世界の人口の三分の一が、何らかの形で心を一つにできれば、戦争も貧困も差別も、おおよそネガティブの代名詞とされることは解決できるらしい。

「生きていることに感謝」できれば、今よりは少しマシになるに違いない。

 

「感謝、感謝」と、どこかの宗教を宣伝しているわけではないが、感謝の気持ちは大切にしたいと思う。

なぜなら、感謝の対極にあるのは「おごり」であり、おごる者は久しからずと相場は決まっているからだ。

私の心を癒してくれるもの、それは「感謝」することだ。

 

 

Amazonのベストセラー電子書籍を無料で手に入れる
無料書籍をプレゼント中!