さて、いかがなものかと?

ジャンルを問わず、好きなことを好きに書きます。

Amazonの転売で儲ける方法!28歳でも楽して億越え超簡単!

Amazonの転売は儲かるらしい。

とは言え、これはアメリカでのお話。

もちろん、日本でも同じことをすれば成功するはずだが、筆者には興味がないので、ストーリーだけをお伝えすることにする。

 

Amazonと言えば、今や競合がないほどの販売大手だ。

Softbankや楽天がいくらブイブイいわそうが、Amazonには到底敵わない。

さすがは世界のAmazonだけあって、マーケットの広さが違う。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

そのAmazonを使った転売ビジネスで、大儲けをしている28歳の男性がいる。

今回は、そのユニークなビジネススタイルを見ながら、日本でも同じ事ができないかを考えてみた。

繰り返すが、筆者は商売には興味がないので、ただ話だけに留めておく。

 

 

始まりは本の転売

 

f:id:wwptalk:20171103204333j:plain

 

 

日本では、「せどり」として有名。

この言葉の説明はしたくもないが、要するに、本を安く仕入れて高く売る転売方法だ。

本の中にはプレミア的価値が付く物もあり、値段さえ知っていればかなりの確率で成功できる。

ただ、「せどり」の嫌なところは、誰が読んだかも分からない本を、後生大事に売れるまで保管しておかなければならないところだ。

 

そこで、ドロップシッピングなどを考えた人がいる。

これは、商品の在庫を持たずに、右から左へ商品を流すといった、まさに配達する(正確にはしてもらう)だけのビジネス形態だ。

ただ、これも好き嫌いがあるようで、必ずしも自分が売りたい商品があるとは限らない(そもそも、売りたい商品がなければ始めることすらかなわない)。

 

これからご紹介するライアン(Ryan Grant)さんは、大学時代にせどりを行っていたそうだ(Amazonが商品の発送も全て行ってくれる、フルフィルメントサービスを使ったので楽勝だったらしい)。

それも、教科書の再販といったニッチな仕事で、年間100万円余りを稼いでいた。

大学を卒業後は、会計士の仕事に就いたが、4年で辞めて自分で事業を模索し始めたそうだ。

 

学生時の「せどり」が役に立ったのか、彼はもう少しスケールアップすることを考え、今度はAmazonでの転売にチャレンジした。

 

 

秘密兵器はAmazonアプリ

 

f:id:wwptalk:20171103204534j:plain

 

 

彼が行ったのは、日本で言うところの転売とは少し異なる。

ネットを見ると、Amazonでの転売にも色々とあるらしく、Amazonで買った商品をAmazonで売る者もいるらしい。

それも一つの方法だが、所詮マージンは知れており、もう少し利口な方法を考えるべきだろう。

 

ライアンさんが取った方法は、実際に他の店で商品を探して、それをAmazonで売る方法だ。

日本でもやっているだろうが、アメリカには日本とは違い、巨大なショッピングモールが町中にですら点在する。

中には陽の目を見ないような商品も売られており、それらを発掘しては、せっせとAmazonに出品するというわけだ。

 

ライアンさんの話によると、色々な店でクリアランスセールをやっているらしい。

しかも、店では買われないような商品(セールにしなければ買い手がつかないのだから)も、Amazonに出すだけで飛ぶように売れるのだ。

もちろん、写真を撮ったり、セールスの文言を考えたりはするだろうが、基本的にはミニマムに抑えている(必要な事しかしていない)。

 

ではその方法だが、まずはショッピングセンターに足を運ぶ。

次に、セール品ばかりが置かれているコーナー(むこうでは通路だ)へ行き、どんな商品があるのかをチェックする。

そして最後に、Amazonが開発したアプリで、目当ての商品を検索し価格を調べるのだ。

 

たったこれだけで、出品する商品のリサーチと買い付けが終わる。

それもこれも、Amazonアプリがあるから行えるのだが、おそらくここまでは日本でも同じ事ができるだろう。

ライアンさんのやっていることは、そのまま日本でも応用が利くというわけだ。

 

買い付ける商品は多岐に亘り、フライパンからレゴのおもちゃまで、ありとあらゆる物を売りに出した。

その結果、初めの一月で1,000ドル儲け、3カ月後には売り上げが25,000ドルの、利益は9,000ドルになっていたそうだ。

これに味を占めたライアンさんは、週に30時間を費やして、本格的なビジネスへと変貌を遂げた。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

小さなストレージがやがては巨大な倉庫に

 

f:id:wwptalk:20171103204433j:plain

 

 

しかし、商品が多くなるにつれて仕事も増えて行き、彼一人では手に余るようになる。

そこで、友人を一人雇って仕事を任せると、さらにビジネスの拡大につながった。

現在は、11人の社員を雇い、年商は日本円にして約9億にまで膨らんでいる。

 

当初は自宅で行っていたが、次第に手狭となり、小さなストレージを借りることに。

だが、それでも十分な広さを確保できずに、今ではおよそ50メートル四方の倉庫を借りている。

在庫品もそれなりには多くなるようだが、それも数日でAmazonに送られるそうだ。

 

以前は、年間150,000ドルの報酬を取っていたが、現在はそれを半分にまで削減し、その代わりにコンサルタント(日本でもよくあるコンサル)として新事業を立ち上げた。

面白いことに、商品は必ずしもシーズンばかりが売り時ではなく、むしろオフシーズンの方が売れるらしい。

たとえば、クリスマスツリーは新年になってからの方が売れ行きが良く、キャンディーやチョコレートなどのスイーツは、ハロウィンが終わってからがいいそうだ。

 

ただし、売れないときもあるようで、売れ残った商品はAmazonの倉庫で眠っており、それに対する費用も払わなければならない。

いかに儲かるとは言え、やはりそこはビジネスなのだ。

急激に広げると、必ずそのしわ寄せはやって来るので、見極めるのも肝心だとライアンさんは言っている。

 

おそらく、読者の中には、ライアンさんがどこで商品を購入しているのかが、気になっている人もいることだろう。

日本に支店があるのかどうかは分からないが(それにシステムも違うはず)、ウォルマート、ターゲット、トイザラス、ザ・ホームデポ、ザ・オフィスデポや、その他のショッピングセンターが狙い目だそうだ。

日本なら、ダイソーやホームセンター何とかがそれに相当する。

 

 

終わりに

 

日本でも、ライアンさんと同じことをやっている人は少なくない。

ただ、日本の場合は、オークションサイトで商品を落札したり、楽天市場やメルカリなどの、商業サイトで安い商品を買って転売するのが多いようだ。

やはり、他人よりも儲けようとするのなら、自らの足で歩いて商品を探すのが良いように思う。

 

もちろん、ネット上で完結する方法もあるが、それにもかなりのリサーチが必要だ。

何事も、一朝一夕に達成できるものはなく、それ相応の代価は払わねばならない。

最初は小さく始めて、やがてはZOZOTOWNのような、アコギな商売もできるかもしれない。

 

とにかく、Amazonの転売は儲かるらしい!