さて、いかがなものかと?

ジャンルを問わず、好きなことを好きに書きます。

TOKIO山口の発言を聞いた和田アキ子のコメントが物議をかもす あんたがそれを言っちゃうわけ?

TOKIOの山口が強制わいせつ容疑で書類送検になったのは、既にあなたもご存知のこと。

久しぶりのジャニーズスキャンダル(ただ公表されてこなかっただけ?)に、どこもかしこも蜂の巣を叩き落したようにブンブン言っている。

40半ばを過ぎた男が、未だにアイドルとして認知されているこの社会に、一方ならぬ違和感を持つのは、あながち私だけとは限るまい。

 

普段は煙に巻かれて叩けぬゴシップ誌も、この機会を逃すまいと、ここぞとばかりに攻撃に出る始末。

1億2千万の総スカンを食らって、山口はさぞかし委縮していることだろう。

だが、このような事件は過去にも無数にあったはずであり、どこかでもみ消されて来たに違いない。

 

f:id:wwptalk:20180428200741j:plain

 

 

お前が言うなよ、この野郎(笑)!

このような事件が起こると必ず口をさしはさむのが、ご意見番だか何かは知らないが、芸能キャリアだけはだだ長いこの人、和田アキ子さんだ。

 

歌手、和田アキ子(67)が28日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・0)に出演。女子高生を自宅に招き無理やりキスをするなどしたとして、強制わいせつ容疑で書類送検された人気グループ、TOKIOの山口達也メンバー(46)について言及した。 

 

このお方、この番組の中でこうおっしゃった。

 

「私が知ってる中ではすごく礼儀正しくて、TOKIOのみんなそうなんですよ。みんないい子ばっかりで。後で聞いたら(山口は)お酒飲むと人が変わるというかね」 

 

この記事を読んで誰もが思うであろうことが、「えっ、あんたがそれを言う?」でしょ。

コンプライアンスだダイバーシティだと、一昔前には問題にもならなかったことが、今日日の世間ではやかましく言われる。

もっとも、それが自然な姿であり、むしろ日本社会がモラルに欠けていたとしか言えないが、和田アキ子さんが若かった頃などはまさにやりたい放題し放題。

 

当時の社会が今様であれば、彼女は既に塀の中にいるはずだ。

今でも、似たようなことはあるにせよ、ただそれが表には出てこないだけの話。

アッコちゃんが他の芸能人を非難するのは、ちょっとお門違いではあるまいか?

 

和田は、山口のことを知っていただけに会見を見ていて「つらかった」と心情を吐露。最後は「なんとも後味の悪い事件ですね。何をしてんだお前、お酒に謝れっていうぐらい」とやりきれない様子だった。

 

ま、前科にまでは及んでいないことが、彼女を大言壮語させる理由なのだが、それにしてもいつも一言多いのはどうにかならないものか。

おじさまは反社会勢力の一員で、自身も以前はその道にどっぷり。

もしも、芸能界が受け皿になっていなければ、けっして堅気の生活は送れなかったろうに(今でも堅気か?)。

 

お酒に謝れって、あんたの場合は慰謝料もんよ。

 

 

女子高校生の非を問う声もちらほら

実際にはちらほら程度ではなく、Yahooコメントにはびっしりと書かれていた(ヤフコメは最低の人間が見る投稿って、俺もかっ!)。

何でも、デヴィ夫人がブログで、「たかがキスくらいで……」と言ったのが事の起こりのようだ。

あの方も、一言と言わず三言くらい多い人であり、度々炎上の憂き目に遭っておられる。

 

「泥酔してキスを強制したことはわいせつ行為??? 相手が女子高校生で、しかもお酒を勧めたとなれば、女子高生であれど、酔った男性の部屋には行かない方が良いのでは。そこは反省。TOKIOの山口達也氏はアルコール依存症なのでは……」 

 

「山口達也氏のTOKIOの仲間の方達は、許されない行為と言っているけれど、泥酔男性のたかがKissでしょ。しかもそこにもう一人の女性がいた。“ちょっと失礼” と言ってうがいして帰ってくればよかったのでは。アルコール依存症、これは直さなければ。無期限謹慎なんて厳しすぎ、騒ぎすぎ」

 

とは言え、「炎上が何ぼのもんじゃい!」とでもするのが彼女のスタンス。

下々の言葉には耳を貸さない、まさにブルジョアヤクルトジョア、時代劇のお代官様ってもんよ。

ところが、今回ばかりは彼女の意見に賛同するお人が多く、コメント欄は今日も盛況を呈している。

 

そこで私も質問。

質問は二つあり、どちらもあなたが一度は考えたであろう疑問である。

それでは、ここも炎上覚悟で行ってみよう。

 

質問その1 なぜ女子高生は山口の部屋に行ったのか?

ヤフコメでも多く見られたのがこの疑問。

16歳の女子高生が、一般の家庭なら宿題でもしているような時間に、46の男やもめの部屋に来るかな?

何が目的だったのか、これを考えると一冊の本が書けそうだ。

 

しかも、2人で行ったところにより疑問を感じる。

なぜもっと大人数ではなかったのか?

2人と聞くと、どうも好奇心が9割で、残りの1割が心配だから同伴者を募ったとしか思えない。

 

要するに、彼女は何かを期待していた、との結論に達するわけだ。

ひょっとすると、この結末は、彼女の期待した通りなのではあるまいか?

山口が酒乱であるのを見越して、過失を犯すのを待っていた、とは考えられないだろうか?

 

彼女の策略だったかどうかは別にして、変に頭の切れる女子のようだ。

 

疑問その2 和解とはどのような状況を言うのか?

ホントかウソかは分からないが、件の女子高生との間には和解が成立しているらしい。

そこで質問だが、この「和解」とはどのような状況を言うのか?

この言葉の意味を調べたところ、下のような内容となっていた。

 

当事者が対立する主張を互いに譲歩し合って,その間の紛争を当事者間の話合いによって解決することを約束する契約。民法の規定によれば,和解は当事者双方が互いに譲歩し合って,争いをやめることを約する契約 (695条) であるとされるから,一方だけが譲歩する場合,和解ではない。和解は契約である以上,当事者が自由に定められる。したがって,互いの譲歩の結果,真実の権利関係と一致しない合意が行われても,和解の効力には影響がなく,かえって和解によって新たな権利関係が生じたものとされる。和解は訴訟提起前に裁判所で当事者がすることも,また紛争が訴訟となったのちに行うこともできる。

 

要するに、争いを止めて一切を水に流しましょうということだ。

これは双方による契約であり、いくつかの条件を出し合ってお互いが譲歩した結果である。

では、和解が終わっていることを前提に、この山口事件を見てみると、どうにも腑に落ちない点が見えてくる。

 

ウワサによると、かなりの額に上る和解金が動いたそうで、口止め料であれ、女子高生側はそれを受領した模様。

和解が成立しているにもかかわらず、山口が検挙される理由が分からない。

上でも書かれているように、和解とは双方による契約であり、おそらくは「金を払うから被害届は出さないでくれ」というのが条件だったのではないか。

 

しかし、山口は書類送検された上に業界をクビになり、女子高生側は金をもらい、その親もホクホクなわけだ。

それこそ、デヴィ・スカルノ夫人がおっしゃるように、「たかがキスくらいで」である。

もちろん、バカなのは山口で、彼がどのような罪に問われようとも情状酌量の余地はない。

 

だが、これが両者間の契約にもかかわらず、山口がなお罪に問われるのなら、これは不条理と言うほかあるまい。

「君子危うきに近寄らず!」との教えどおり、この女子高生にもう少し分別があれば、いずれ山口が馬脚を現すことはあっても、このような形では起こり得なかっただろう。

ともあれ、この事件がHTであった事には変わりなく、山口においてはいい面の皮だったわけである。

 

 

最後に

テレビに出ようとする人間の心理を考えてみると、この事件はどうにも不自然としか言いようがない。

一部のサイトでは、この女子高生の身元を特定しようとする動きがあるらしいが、それもある意味致し方あるまい。

ゴシップサイトでは、山口を犯罪者扱いするところもあるが、未だにグレーであり確定はしておらず、少々「黙っとけボンクラども!」と言いたいものだ。

 

今どきの16歳が、親の知らないところではどんな副業に手を染めているかもしれない彼女たちが、キスされたくらいで警察に駆け込むかね?

世情に疎い私でも、それくらいのことなら想像がつく。

女子高生を聖少女とでも捉えているなら、それこそガラスの目ん玉と言うべきだ。

 

これは山口を擁護する記事だって?

そんな気は毛頭ないね。

ジャニーズなんざ、無くても日本は安泰だ。