さて、いかがなものかと?

ジャンルを問わず、好きなことを好きに書きます。

日大アメフト部宮川泰介選手の証言動画「1プレー目で関学QBを潰せば試合に出してやる」は本当だった!

遂にここまで来たか!

日大アメフト部、恥の重ね塗りとも言える記者会見の数々。

今回は、当事者である宮川泰介選手の記者会見となった。

 

20歳にしてこの世論からの攻撃は、もはや針の筵に座らされた程度では収まるまい。

今後、彼にどのような悲劇が待ち構えているのかは、想像するだけで鳥肌が立つ。

FBIの証人保護プログラムではないけれど、しっかり守ってやらねばなるまい。

 

それにしても、日大はとんだタワケを監督にしたものだ。

この男さえいなければ、もっと良識ある人間が監督に就いていれば、このような惨事は起こらなかったであろう。

死人こそは出ていないが、もはや宮川泰介の選手生命は風前の灯火状態である。

 

これでまともなプレイヤーに育つなら、よほどこの先の指導者や環境に恵まれていないとな。

そもそも、日本の社会では、内部告発に対しての理解が低く、ましてや汚点を作った者には容赦ない制裁が飛ぶ。

彼がこの先日本でプレーするにせよ、これまで通りの思い切ったアメフトはできないだろう。

 

宮川選手にこれほど重い十字架を背負わせた、監督とコーチは重罪に当たる。

刑事告訴で有罪となり、この世界では二度と力をふるえないようにせねばなるまい。

特に、選手と監督の間を取り持つコーチがこれでは、日大アメフト部に将来はない。

 

ちょっと言いたいことがある

日大の関係者に対する処罰は、今後司法の手に委ねられ、第三者が介入する余地はない。

マスコミも、無駄に騒ぎ立てずに、結果だけ粛々と報道すればよい。

特に、左寄りのニュースメディアは、つまらぬ記事をアップして世間を混乱させずに、ジャニーズのゴシップでもあさっていればいい。

 

これから考えるべきは、宮川泰介選手への精神面のケアと、彼がアメフトを続けられる環境を提供してやることだ。

それこそ、罪を憎んで人を憎まず、彼を非難の的に据えないことが肝心となる。

それはそうと、どうにも一言いいたいことがある。

 

それは、卑劣なタックルを浴びて病院送りにされた、関学のQBについてだ。

タックルをした宮川はさておき、指示した監督とコーチは永久追放するとして、ここは一旦話を関学の選手に向ける。

誠にもって不運と言いたいところだが、私は世間とは少々違う意見を持っている。

 

反則技に倒れた彼には同情が集まり、彼は一躍時の人となったわけだが、これから私が話すことを聞けば、このQBを決して話題にしてはいけないのが分かるだろう。

なぜなら彼は、フィールドの上で、一瞬でも気を抜いていたのだから。

もちろん、タックルを受けたのは彼で、関学のQBには全く非はない。

 

だが、こと戦場において、敵陣営が負けるまでは戦闘は続くのである。

試合なら、ホイッスルが鳴り試合が終了するまでは、たとえベンチに下がっていても気を抜いてはならない。

アメフトのルール通り、ボールを持たないQBにタックルするのは反則であり、ましてや後方からの攻撃など、あってはならない行為である。

 

とは言え、もし彼が気を抜かず、天を仰ぎ見て嘆きの姿勢をとらず、周囲の動向に目を走らせていたなら、宮川のタックルも未然に防げたのであるまいか?

もちろん、関学のQBには何も落ち度はないが、フィールドは戦場なのだ。

プレーヤーは厚いプロテクターに身を守られた、フットボールを奪い合う戦士なのだ。

 

その最も基本的な意識が欠けていては、どれほどルールに守られようとも、やがてはもっとひどいケガをして退場することになるだろう。

とにかく、一度失敗に終わったプレーを嘆く暇があれば、次の攻撃をもっと緻密に、クレバーに行う事を考えろ!

戦場とアメフトのフィールドは違うとは言え、心構えは同じである。

 

どちらも、相手を負かして勝利を手に入れるまでは、一寸たりとも気を緩めてはならないのだ。

その点では、関学のQBは甘ちゃんであり、所詮は二流プレーヤーのそしりを受ける。

今回のケガを教訓に、今後はさらにフィールドの隅から隅まで気の届く、一皮むけた選手に育って欲しいものだ。

 

終わりに

私は、この事件が起こる前から、日大の監督にはあまり良い印象は持っていない。

何せ、この男の顔が気に食わない。

どこか世間を舐めた面をしていやがる。

 

だいたい、アメリカにいた頃からアメフトのコーチは嫌いだった。

いや、そもそもチームスポーツの監督や、大学の運動部の監督が嫌いなのかな?

ま、それはどちらでもいいが、日大アメフト部の監督とコーチには、厳罰を持って対処すべきだな。

 

 


タックルは監督の指示 日大選手会見ノーカット1(18/05/22)